35日間で、世界一周してきました! 水谷さるころ 35日間世界一周!! 【Part3南欧南米・世界遺産編】 ぼんくらトリオが、無謀なスケジュールで世界一周の旅に出た!
その顛末はコミックエッセイ『35日間世界一周!!』に描かれ、
このたびめでたく全5巻で完結しました。
それを記念し、旅の見所を写真で振り返ります。第3回は南欧南米・世界遺産編!
ぼんくらトリオが、無謀なスケジュールで世界一周の旅に出た!
その顛末はコミックエッセイ『35日間世界一周!!』に描かれ、
このたびめでたく全5巻で完結しました。
それを記念し、旅の見所を写真で振り返ります。第3回は南欧南米・世界遺産編!


body_35_01_00l.jpg



13日目! イタリア(ヴェネチア)




おはようございます。ちょっとピンぼけですがホテルの朝ごはん。今日は世界遺産・ヴェネチアをたっぷり観光します。




ヴェネチア名物、迷路のように入り組んだ細い路地。入ってみましょう。




路地を抜けた先に…。




水上バス・ヴァポレットの発着場が! 水上バスは頻繁に来ます。観光客だけでなく、市民の足なのです。




川萌えおじさんノダDの目が怪しく光る…今日はオレの日!




一番広い運河はまさに大通り。いろんな船が絶えず通っています。




サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。ヴェネチアは素敵な建物だらけ。




ヴェネチアの中心部、サン・マルコ広場へ。豪華絢爛なサン・マルコ寺院!は大行列だったので中には入らず…。なにしろ35日間で世界一周。時間貧乏性の我々にはちゃちゃっと見られるところが理想です。




こちらもヴェネチアの風景に欠かせない「鐘楼(しょうろう)」。こんなに高い建物(98.6m)を9~14世紀の昔に建てたとは! さすがヴェニスの商人。行列が少なかったので入ってみることに。




鐘楼の上からヴェネチアを一望。運河だけでなく、海もエメラルドグリーンなんだな~というのがわかります。




鐘楼なのでもちろん鐘があります。今でも時を知らせてます。




路地を散策してショッピング。中に金魚が入ってる、ヴェネチアングラスの置物がかわいい! 私もノダDもおみやげにゲット。




ヴェネチアのカーニバルといえば仮面! マスカレード! さるころちゃんパペットにぴったりの仮面がおみやげ屋さんに。なぜ買わなかったのか、いまだに悔やまれる。




お昼ごはん。基本的にヴェネチアの物価は高め。あんまり高くなさそうなイタメシ屋…と思って入ったら、中国人がやってるイタリアンでした。普通においしかった。




ランチの後はデザートを……というわけで向かいのジェラート屋さんへ。さすがイタリア、どこで食べてもおいしい!




裏路地散策。映画のセットみたいで、どこもかしこも絵になる。




路地裏を歩くと、よく行き止まりがあります。でも道筋を示す案内も多いので、あまり迷いません。




大運河にかかる最大の橋、リアルト橋!




リアルト橋にはおみやげ屋さんがたくさん。ここが橋の上だということを忘れてしまいます。




ゴンドラの漕ぎ手「ゴンドリエ」が着るボーダーシャツ。おみやげ屋に売っているパチものではなく、地元のゴンドリエ御用達のプロ仕様。ノダD、テンションアップで1着お買い上げ! でも東京で着たら、普通のボーダーシャツにしか見えない…。




ゴンドラでヴェネチア観光。ゴンドリエは曲がる時に、「アウェー!」的な声をクラクション代わりに発します。




フォトジェニックな運河に大興奮~!




だけど……(続




じゃっかん異臭が……。ヴェネチアは基本、生活排水を運河と海に依存しています。つまり、細い運河はドブの香り。




前方にがっつり陣取る川萌えおじさんノダDと、路地大好きおじさん山本さん。ゴンドラはゆっくりした速度で運河を巡ります。約40分で終了。




ゴンドラの後は再びヴァポレットに乗り、まずはリド島へ。海の男でもある山本さんは、そこでビーチをエンジョイ。ノダDとさるころはヴェネチア島を半周するコースへ。




サン・マルコ寺院の向かいに浮かぶ、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島。こちらも白い建物と鐘楼が素敵!




サン・マルコ広場の近く、サン・ザッカリアで乗り換えて、いざヴェネチア島半周コースへ。先頭に席があるヴァポレットが来るまで見送る、川萌え男・ノダD。埠頭の向こうには豪華客船が停泊しています。




前日、ユーロスターに乗って辿り着いたヴェネチア・サンタルチア駅。ヴェネチア島の玄関口です。




さっきは徒歩で渡ったリアルト橋の下を、ヴァポレットでくぐります。




ああっっ?! 向こうのヴァポレットに山本さんが! リド島から帰ってきた山本さんと偶然すれ違う(笑)。後でまた会いましょう~。




ノダDがこのとき撮ったヴェネチア島半周コースを、動画でごらんください。




サン・マルコ広場に戻るころには、日が暮れていました。




宿のご主人に聞いたお店を目指し、夕暮れのヴェネチアを行く。しかしそのお店は休みでした(よくあるパターン)。




あてずっぽうで入ったお店が高すぎず、美味しい! アタリの店でした。旅の経験値がヤマカンの精度を上げたのかも。




なぜか隣にいたオランダ人カップルに笑われる我々…。何が面白かったのかしら…。美味しいディナーをいただいて、35日間世界一周・13日目終了!



14日目! 
イタリア(ヴェネチア)~スペイン(バルセロナ)




おはようございます。今日はヴェネチアを発ってバルセロナへ向かいます。




お世話になったホテル。ヴェネチアは物価はもちろん、宿泊費も高いと言われていますが、探せば比較的安価なホテルもあります。狭かったけど。




バスで空港へGO。




ヴェネチア・テッサラ空港で最後のイタリアン。空港のカフェテラス的な味。つまり、ちょっと大味。




今回はLCC(ローコスト・キャリア)の飛行機でバルセロナへ。ブエリング社の飛行機は、カラーリングが黄色でかわいい。




バルセロナ・エル・プラット空港着。空港列車の「レンフェ」で市街へ向かいます。




しかし思った以上に、レンフェの駅が空港から遠かった…。




レンフェの終点サンツ駅。「居眠りしてると荷物が無くなっちゃうよ」の表示。治安がイマイチと言われるバルセロナだけど、レンフェの中は家族連れなどが多くのどかな雰囲気でした。




予約していたホテルへタクシーでGO。




今回はアパートメントタイプのホテル。洗濯・自炊ができて宿泊費が抑えられる。3人でも充分な広さ!




夕食を食べに&明日の朝食の買い出しのために外出。海外のスーパーは楽しいのでついつい買いすぎちゃう。レストランに行く前に水のボトルを買ったのは失敗(重い)。




ホテルの管理人さんオススメのお店は都会的でオシャレ~。でもせっかくならもっと地元っぽいお店にも行きたい気分。




オランダでトライした「クロケット」がオシャレなお店にあったので、再チャレンジ。ファーストフードでも、自動販売機でもないちゃんとしたクロケット…だけどやっぱり苦手な味だった。謎のぬめっとした食感がクロケットの持ち味? 食べかけ写真でごめんなさい。




適当に「地元っぽい」バルを見つけて入ると、そこには酒飲みにはたまらない夢の蛇口が! ひねるとワインがジャージャー出てくるよ!




コレコレ! 生ハム・ハモンと白アスパラガス。トマトを塗り込んだパンとハモンの相性がばっちり&うますぎでハイテンション!




夢の蛇口とハモンに魅せられて超ゴキゲンに仕上がったノダDを、山本さんと一緒に寝かしつけて、35日間世界一周・14日目終了!



水谷さるころ(みずたに・さるころ)

1976年1月31日、千葉県柏市生まれ。女子美術短期大学卒業。イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナー。08年に旅チャンネルの番組『行くぞ! 30日間世界一周』に出演、のちにその道中の顛末を『30日間世界一周! 』としてマンガ化(全3巻)。09年には同じく旅チャンネルで『行くぞ! 30日間世界一周 2周目! 』に出演し、マンガ化したものが『35日間世界一周!!』(全5巻)。趣味の空手は弐段の腕前。2人の姉と双子の弟がいる。現在は一男の母。

公式サイト:
 http://www.salu-pro.com/

Twitter:
 @m_salucoro

コミックエッセイ版
『35日間世界一周!!』全5巻
水谷さるころ:著

body_35_03_wd.jpg

旅の全貌を、水谷さるころ本人がコミックエッセイに描き下ろしました。トラブル続出、踏んだり蹴ったり笑ったり。そして最後に超展開。ぼんくら3人組のリアル珍道中!


35日間世界一周!! Part1 アジア編

『35日間世界一周!! Part1 アジア編』


35日間世界一周!! Part2 ヨーロッパ鉄道編

『35日間世界一周!! Part2 ヨーロッパ鉄道編』


35日間世界一周!! Part3 南欧南米・世界遺産編

『35日間世界一周!! Part3 南欧南米・世界遺産編』


35日間世界一周!! Part4 南米・天空都市編

『35日間世界一周!! Part4 南米・天空都市編』


35日間世界一周!! Part5 カリブ海リゾート& NY・ハワイ編

『35日間世界一周!! Part5 カリブ海リゾート& NY・ハワイ編』

?