『失踪日記2 アル中病棟』を語る 吾妻ひでお とり・みき 『失踪日記2 アル中病棟』を語る 衝撃的な内容と、それに反した飄々とした筆致で数々の賞を総ナメにした『失踪日記』。
その刊行後から執筆すること8年めにして、ついに続編『失踪日記2 アル中病棟』が完成しました。
それに際して著者吾妻ひでお氏と、旧知の間柄であるとり・みき氏の対談が行われました。
今回はマトグロッソ用に、ネタバレ無しのショートバージョンを掲載します。
(完全版は『失踪日記2 アル中病棟』でご覧ください)
30万部ベストセラー『失踪日記』から8年をかけて執筆された、
失踪後の顛末を描く続編『失踪日記2 アル中病棟』──
感銘を受けたとり・みき氏が、著者の吾妻ひでお氏に迫ります。


ほんと酒は怖い!(笑)

とり 今回はすごく絵が細かいでしょう。1コマの中に、こんなにたくさん人間を描いてるマンガがあるんでしょうか今どき(笑)。

吾妻 単行本になる(=原画が縮小される)ってことを考えないで描いてたね(笑)。いや、描いてる時はわりと楽しいんだよ。申し訳ない。

とり いえいえ。1コマ1コマ、読み飛ばすことができなくて。じっくり読むといろんな発見があるんですよね。今こういうギャグタッチで、しかも全編にわたってかっちりした背景が入ってるマンガって無いでしょう。『失踪日記』でも言いましたけど、キャラクターはほぼ全身フルサイズで入っていて。

吾妻 『失踪日記』の時はコマが1ページ4段だったんだけど、今回は3段にして。そしたら余裕が出るかなと思ったら、結局それに合わせて描き込んじゃった(笑)。

とり 自分も締め切りがキツい時ほど描き込んじゃいますね。「完全主義者は身を滅ぼす」っていうセリフがあって、身につまされました。



吾妻 昔は締め切りに間に合わせるのを、最優先にしてたんだけどね。

とり ああ、だから逆にそのプレッシャーで失踪された。......ご自身のキャラクターが2等身だったのが、今回は3等身になってたり、全体的にリアルになってるのは、これはあえて──

吾妻 あえて。5年くらい前からデッサン教室に通ってるっていうのもあって。

とり それは何か思うところが?

吾妻 絵が上手くなりたいと思って(笑)。あと絵の学校とか行ってないから、そういうあこがれもあって。

とり スクールライフに。

吾妻 西原理恵子だって美大ですからね。自分もそういう雰囲気に浸りたいなあと(笑)。すごく楽しかったですよ。

とり いわゆるデッサンと、マンガの絵は全然違いますよね。

吾妻 そう、だから全然描けないんですよ。絵がマンガになっちゃう。そこからリアリズムに近付くのに、1年掛かったな。もちろん、マンガの中でそこまでリアルを追求しようっていうんじゃないんだけど、そういう勉強も経験しておきたいなと思って。

とり 作中に、入院中に描いた絵っていうのもあって。



吾妻 ああ、ひどいミャアちゃんの絵が。これは本当に当時描いたのを、切り抜いて貼ったんだよ。

とり でもこれくらい描けないということは、日常生活にも支障があったんですか。

吾妻 いや、日常生活はなんともないんですよ。まあ末梢神経がしびれるとかね。

とり ぼくも最近手足がよくつるんですけど......まずいですか。講義のところ(46頁)で「えっ!」って思ったんですけど。お酒呑んだ時になるんですよ。



吾妻 ああ......気をつけたほうがいいよ。

とり そんなに呑んでるわけじゃないんですが。むしろ呑まない日のほうが多いくらいで......夜中にラーメン食べるからかなあ。

吾妻 ああ(笑)。

とり 夜中に焼きそば食べる人の話があるでしょう。あれ読んで「まずいな......」と。

吾妻 糖尿病になっちゃうからね(笑)。




失踪日記2 アル中病棟

『失踪日記2 アル中病棟』
吾妻ひでお・作


「病棟は、楽しいよ」(吾妻)

度を越した飲酒でアルコール依存症になってしまい、担ぎ込まれた通称『アル中病棟』。入院してわかったお酒の怖さ。そこで出会ったひとくせもふたくせもある患者や医者たち。かわいくて厳しいナースたち。そしてウソのようで本当の、驚くべきエピソードの数々。そこから著者はいかにして、アルコール依存症から抜けだしたのか? 30万部ベストセラー『失踪日記』から執筆8年、満を持しての続編。




失踪日記

『失踪日記』
吾妻ひでお・作


「全部実話です(笑)」(吾妻)

突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働──『アル中病棟』に至るまでの波乱万丈の日々を綴った、今だから笑える赤裸々なノンフィクション。第34回日本漫画家協会賞大賞・平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞・第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞・第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門受賞。

吾妻ひでお(あづま・ひでお)

1950年2月6日、北海道出身。上京後就職するもほどなく退社。漫画家板井れんたろう氏のアシスタントを務め69年にデビュー後、『ふたりと5人』『やけくそ天使』などのギャグ、『パラレル狂室』『メチル・メタフィジーク』『不条理日記』(79年、第10回日本SF大会星雲賞コミック部門受賞)などの不条理・SF、『陽射し』『海から来た機械』などのエロティックな美少女ものなど様々な作風で各方面から絶大な支持を得る。『ななこSOS』『オリンポスのポロン』はアニメ化された(両作品とも05年にハヤカワコミック文庫で復刊)。89年に突然失踪、その顛末は05年『失踪日記』として発表され、第34回日本漫画家協会賞大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門を受賞。近作に『うつうつひでお日記』『ぶらぶらひでお絵日記』『逃亡日記』『地を這う魚』『実録! あるこーる白書』 (西原理恵子と共著)、Azuma Hideo Best Selectionシリーズ等。

とり・みき(とり・みき)

1979年「少年チャンピオン新人マンガ賞」に『ぼくの宇宙人』が入選しデビュー。以後ギャグマンガをメインにエッセイコミック、SF・ホラー作品も手がける。1994年『DAI-HONYA』および1998年『SF大将』で星雲賞、1995年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。主な作品に『るんるんカンパニー』『クルクルくりん』『愛のさかあがり』『石神伝説』『冷食捜査官』『ロボ道楽の逆襲』『プリニウス』(ヤマザキマリと共著)がある。劇場版アニメ『WXIII機動警察パトレイバー』では脚本を担当。
Twitter:@videobird




?