吾妻ひでおインタビュー 失踪日記、アル中病棟、そしてカオスノートへ。 吾妻ひでお 吾妻ひでおインタビュー 吾妻ひでおさんの最新作『カオスノート』は、
著者の本領発揮である、日記形式のショートナンセンスギャグ集。
なぜ今ナンセンスか。そして失踪日記・アル中病棟との関連は?
吾妻ひでおさんの最新作『カオスノート』は、
著者の本領発揮である、日記形式のショートナンセンスギャグ集。
なぜ今ナンセンスか。そして失踪日記・アル中病棟との関連は?





『アル中病棟』から『カオスノート』へ

──『カオスノート』の刊行おめでとうございます。『アル中病棟』に続く新作ということで。

吾妻:もともと『失踪日記』が出たあとに、息抜きのつもりでナンセンスギャグをホームページに載せてたんだけど、何本か描いてすぐに力尽きた(笑)。それでずっとほったらかしにしてたけど、『アル中病棟』の原稿が上がった後に、また描きたくなって。

──『アル中病棟』を脱稿されたのが、確か2012年の年末でした。

吾妻:本当に終わらないかと思った。

──7~8年掛かりましたからね。もちろんその間、他の仕事もたくさんされていたわけなので。

吾妻:『地を這う魚』もあったし。他にもいろいろと……『失踪日記』が売れたから、いろんな仕事が来て、それで読者から二番煎じとか内容が薄いとか言われた(笑)。わかってるけどいろいろあるんですよ。義理とか人情とか。

──それで2012年の12月に『アル中病棟』の原稿を一度上げていただいたんですが、結局本が出たのが翌年の10月。

吾妻:キャラクターが多すぎて、名前が途中であちこち入れ替わってるのに気づいて全部直したり、その後個人が特定されないように、またぜんぜん違う名前に全部付け替えたり。

──金杉先生(病棟の担当医)にチェックしていただいたり、あと装丁作業に時間が掛かったりで。

吾妻:カバーのラフは、2回もボツが出たね。

──すみません。鈴木さん(鈴木成一:装丁家。『失踪日記』『アル中病棟』『カオスノート』を手掛ける)から、「もっと細かく描いて」「もっと細かく」という指示が出てしまい。

吾妻:ラフはいいんだけど、本番のイラストを描くのが大変だった。でもすごくきれいな色に仕上げていただいて、非常に気に入ってます。表4の下の方、トリミングで絵が足りなくなってちょっと杜撰な感じになってるのもいい(笑)。カッチリしすぎてない感じが。『カオスノート』も彩色のブルーがすごくきれいで。『失踪日記』もだけど、このシリーズは本当に色使いがいいと思います。

──それで『失踪日記』後、『アル中病棟』の刊行まで約8年。しかし『カオスノート』はそれから1年未満での刊行となりました。『アル中病棟』は絵の密度が非常に高かったということもあると思いますが、それにしてもこのようなハイペースでの刊行がなぜ可能に?

吾妻:企業秘密です。

──『カオスノート』と同時期に、『ひみつのひでお日記』(KADOKAWA)も出ますしね。すごく働いていらっしゃる。

吾妻:あれはほとんどWEBに描いてたものなんで……描き下ろしもありますけど。あと例の『けいおん!!』のアニメに文句言ってるところは入ってない。「あれだけは勘弁してください」って言われた(笑)。だからそこは同人誌で出したけど。

──最近見ているアニメはなんですか。

吾妻:『目玉焼きの黄身いつつぶす?』とか。あとアニメじゃないけど島本(和彦)さんの『アオイホノオ』、笑えて泣けるドラマです。

『カオスノート』(吾妻ひでお著/イースト・プレス刊)

「楽しんで描きました」(吾妻)

失踪日記、アル中病棟、そしてカオスノートへ。意外なハイペースで刊行された新作は著者の真骨頂、めくるめくセンス・オブ・ナンセンス──日記形式のショートギャグです。「居心地の良い、ソフトカオスの世界」と高橋留美子さん、「箱庭のようなアズマワールドが沁みた」と吉田戦車さん、「吾妻ひでおの最高傑作がまた現れた! 」と東浩紀さんも大推薦。





『失踪日記』(吾妻ひでお著/イースト・プレス刊)

「全部実話です(笑)」(吾妻)

突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働──『アル中病棟』に至るまでの波乱万丈の日々を綴った、今だから笑える赤裸々なノンフィクション。第34回日本漫画家協会賞大賞・平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞・第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞・第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門受賞。





『失踪日記2 アル中病棟』(吾妻ひでお著/イースト・プレス刊)

「病棟は、楽しいよ」(吾妻)

度を越した飲酒でアルコール依存症になってしまい、担ぎ込まれた通称『アル中病棟』。入院してわかったお酒の怖さ。そこで出会ったひとくせもふたくせもある患者や医者たち。かわいくて厳しいナースたち。そしてウソのようで本当の、驚くべきエピソードの数々。そこから著者はいかにして、アルコール依存症から抜けだしたのか? 30万部ベストセラー『失踪日記』から執筆8年、満を持しての続編。


吾妻ひでお(あづま・ひでお)

1950年2月6日、北海道出身。上京後就職するもほどなく退社。漫画家板井れんたろう氏のアシスタントを務め69年にデビュー後、『ふたりと5人』『やけくそ天使』などのギャグ、『パラレル狂室』『メチル・メタフィジーク』『不条理日記』(79年、第10回日本SF大会星雲賞コミック部門受賞)などの不条理・SF、『陽射し』『海から来た機械』などのエロティックな美少女ものなど様々な作風で各方面から絶大な支持を得る。『ななこSOS』『オリンポスのポロン』はアニメ化された(両作品とも05年にハヤカワコミック文庫で復刊)。89年に突然失踪、その顛末は05年『失踪日記』として発表され、第34回日本漫画家協会賞大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門を受賞。近作に『うつうつひでお日記』『ぶらぶらひでお絵日記』『逃亡日記』『地を這う魚』『実録! あるこーる白書』 (西原理恵子と共著)、Azuma Hideo Best Selectionシリーズ等。

?