七福神の大黒くん 青沼貴子 七福神の大黒くん 青沼貴子インタビュー 福の神である『七福神の大黒くん』。話が盛り上がりを見せる中
2016年、新年スペシャルインタビューを敢行!
青沼貴子さんが語る創作秘話とは? マンガが10倍楽しめます!
福の神である『七福神の大黒くん』。話が盛り上がりを見せる中
2016年、新年スペシャルインタビューを敢行!
青沼貴子さんが語る創作秘話とは? マンガが10倍楽しめます!




神様ものがずっと描きたかったんです

──さっそくですが、『七福神の大黒くん』(以下:「大黒くん」)が生まれた経緯をお聞かせください。

青沼:私は昔から、神社仏閣、神道、キリスト教、ギリシャ神話といった神様ものがどうも好きで、小さい時からよく神話系を読んでいた子供だったんです。漫画家になって最初に少女漫画を描いていたんですけど、その時にも神様ものを描いていたりして。その後、私の環境が子育てに変わってしまったこともあって、コミックエッセイばかり描くようになってしまったんですが、その間も、もしオリジナルを描く機会があったら、神様ものを描きたいなということはずっと思っていました。
そこで、イースト・プレスさんにオリジナルを描かせてもらえませんか?という話を持ちかけたんです。それで何度も何度もネームのダメ出しの直しをくり返して、やっと連載の運びとなったわけです。連載が決まった時はほんと嬉しかったなあ…。

──その節はがんばってくださって本当にありがとうございました!

青沼:とっても描きたかった話なので、直しさえ楽しかったです(笑)。

──描きたいと思っていたのは、期間でいうとどのぐらいですか?

青沼:ずっと興味のあるテーマだったんですけれど、具体的にこんな神様の話を描きたいなと考え始めてからは10年ぐらいになります。その頃に子供の手が離れてのマダムス旅行で(編集部注:マダムスとは、青沼氏のママ友仲間のこと)神社仏閣とか好んで行くようになって、高野山にも行ったりして。それであらためて、そうだ私、神様好きだったんだ!って思い出しました。そういうの何か作品にできたらいいな、死ぬまでに1本神様の作品を描きたいなって、ここ10年ぐらい思ってました。

──念願かなってなんですね。七福神にしたきっかけはなんですか?

青沼:私が一番好きな神様っていうのが、ヒンズー教のシヴァ神なんですね。さっき言った少女漫画で連載してたっていうのも、シヴァ神が主人公だったんですよ。

──『とってもカミカミ』という作品ですよね。

青沼:そうです。シヴァ神が好きすぎてインドに旅行したりもしたんですけど(笑)。

──そうだったんですか!

青沼:シヴァ神が日本に入ってくるにあたって大黒天になったという説がとても有力にあるんで、それだったら大黒天を主人公にしちゃおうかなと。となったら七福神か、というふうに決まっていきました。

──大黒くんのキャラクターはすんなり出てきましたか?

青沼:そうですね。最初はヘボで、だんだん強くなっていくという物語が好きなので、そういう主人公のグローイングアップものを描いてみたかったんです。

──大黒くんのキャラクターは、最初の構想で思った通りに動いていますか?

青沼:やっぱりだんだん話が進むにつれ、思い通りにいっています。最初のほうを読み返すと絵だってすごく大人っぽいですよね。でも最近は絵も中身も子供っぽい感じのおバカな高校生ぐらいの子になってますね。それで固まった感じで、そうなってからはとても自然に動いてくれています。
一番好きなキャラは恵比須天です。って聞かれてないのに(笑)。





──これから聞こうと思ってました(笑)。その理由を教えていただけますか?

青沼:漫画でもアニメでも映画でも、どちらかというとナンバー2が好きなんです。一番目立って光り輝く主人公よりも、その後ろでちょっと物憂げな顔をしてるキャラがどうしても好きなので、そんなナンバー2のキャラにしようと思って作り上げたんです。

──わりと最初からですか?

青沼:そうですね。大黒くんのキャラが決まる前に恵比須さんのキャラは決まってるという感じでしたね。

──シニカルで一見性格が悪いように見えてしまうんですけど…。

青沼:これはね~、とても性格が悪いのかもしれないんですけれども、まあ、この先を読んでくださるとわかるんですが、間違いなくあなたをギャップ萌えの世界に誘うでしょう(笑)。

──キャラクターというだけじゃなく、男性のタイプも恵比須さんのような感じですか?

青沼:あ~、実際に、例えば結婚して一緒に暮らすのは嫌ですね。

──たしかに(笑)。

青沼:もっとストレートに優しい方がいいですね。ただ恋愛時代はドキドキして楽しいかもしれないですね。何考えてるかわかんなくて(笑)。


【登場人物】


大黒天
大黒天〈だいこくてん〉
天界で目覚めたばかりの神様で、前世はシヴァ神(のはず)。七福神のひとりとして七副商会で働くが、御利益の神力が弱いのが悩み。そのため打ち出の小槌を捜索中!


いなばくん
いなばくん
大黒くんの眷属〈けんぞく〉(神の使者)であるものの、今はほぼ家政夫状態。天界ではうさぎの姿。


恵比須天
恵比須天〈えびすてん〉
七福神のひとり。七福商会イチのやり手&ドS。不本意ながら大黒くんとペアに。


弁財天
弁財天〈べんざいてん〉
七福神の紅一点。いつも傍らに龍がいる。


毘沙門天
毘沙門天〈びしゃもんてん〉
七福神のひとり。最強の武神として天界を護る四天王を兼任している。


布袋尊
布袋尊〈ほていそん〉
七福神のひとり。弁天さんと仲良し。


福禄寿&寿老人
福禄寿〈ふくろくじゅ〉
&寿老人
〈じゅろうじん〉
七福神最年長の双子で、七福商会をしきる事務方。オカミとの連絡や調整を行う。





七福神の大黒くん(1)

七福神の大黒くん(2)

『七福神の大黒くん』①②(イースト・プレス)
ある日、千年もの眠りから目覚めた大黒天は、徳を積んだ人間に“ちょっとだけ運を授ける”という使命を持った「七福神」のひとりに任命された! 個性豊かなメンバーとともに織り成す天界の冒険を描くファンタジーアクションコメディ!



こんな私がマンガ家に! ?

『こんな私がマンガ家に!?』(イースト・プレス)
デビュー30年のベテランマンガ家、青沼貴子の知られざるデビュー秘話とは!? 出版社への持ち込み、アシスタント業、怒涛の週刊連載、「ペルシャ」アニメ化の真相、漫画家業と子育ての両立の苦労などなど、今だから言える裏話も満載!



青沼さん、BL漫画家をこっそりめざす。

『青沼さん、BL漫画家をこっそりめざす。』(イースト・プレス)
青沼貴子が本気でBL(ボーイズラブ)デビューに奮闘した一部始終を描くコミックエッセイ。若い編集者にダメ出しされ挫折を味わいながらも、描きたい世界を求めて前進あるのみ! いっぱい笑えて出版界の内情も垣間見える、エンタテインメントな一冊です!



青沼さんちのぽよぽよ日記

『青沼さんちのぽよぽよ日記』(イースト・プレス)
大ヒットした子育てコミックエッセイ『ママはぽよぽよザウルスがお好き』から早20年。リュウとアンという二人の怪獣(子ども)が大きくなって、今は楽しいお気楽ライフ♪ 子育てマダム世代に贈る、笑えてちょっとためになる青沼さんちの様子をのぞいてみよう!

青沼貴子(あおぬま・たかこ)

1981年漫画家デビュー。 少女漫画の代表作『ペルシャがすき! 』は、『魔法の妖精 ペルシャ』としてアニメ化。少女マンガ家として活躍した後、子育てコミックエッセイ『ママはぽよぽよザウルスがお好き』の大ヒットで、名実ともに人気コミックエッセイ作家に。