• 1




身寄りがなく、貧民窟で暮らしていた少年・ソルを買ったのは、
牙がなく、人間から直接血を吸わない吸血鬼・アウロラ。
人ならざる彼女は、ソルを自分の館に連れ帰り、
自分専用の体液提供者=「食用人間奴隷」になるよう、
誘惑してくるのだが……!?

吸血鬼が統治し、
人間と吸血鬼が共存する国ニュー・ドーンを舞台に、
新鋭・極楽鳥が描く、官能的な純愛ファンタジー。












はじめは全力で拒否するソルだが、




アウロラに身を挺して助けられたり、




館で働くほかの人間たちとの交流などを経て、気持ちに変化が──




しかし、やはり「吸血鬼の本性」を目の当たりにして──




鮮烈で艶美な恋物語を、どうぞご堪能ください!







牙無し吸血鬼と食用人間奴隷

『牙無し吸血鬼と食用人間奴隷』

著:極楽鳥
装丁:川谷康久(川谷デザイン)
イースト・プレス刊/800円+税
B6判並製・全208ページ
8月7日全国発売!



単行本のご感想お待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください!
続編を望む声など、たいへん力になりますので、ぜひお寄せください!

2019/08/01 更新
  • 1

極楽鳥(ごくらくちょう)

本作が初連載となる漫画家。

Twitter:https://twitter.com/59rq