• 1


半人半馬の生き物「人馬(じんば)」が、歩み進める物語。
社の上棟式での悲劇──谷風の運命は、権田の決意は……
第二部の最終回、彼らの生きていく道をお見守りください。




第十二話
































































※画像クリックで拡大されます。


































おわり


『人馬』は今後、第一部より前の物語の掲載を予定しております。どうぞお楽しみに!
ご感想お待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください! 応援よろしくお願いいたします。



人馬(三)

『人馬(三)』

著:墨佳遼
装丁:小沼宏之
イースト・プレス刊/730円+税
B6判並製・全180ページ





2018/07/19 更新


  • 1


【登場人物】


権田(ごんた)
権田(ごんた)
偉大な人馬・松風の息子。実の父は松風の弟。


三国(みくに)
三国(みくに)
人間を心から憎み、人馬の少年たちをまとめていた過去を持つ。


谷風(たにかぜ)
谷風(たにかぜ)
松風の妹・小梅と、松風を慕っていた小雲雀の息子。


紗御前(しゃごぜん)
紗御前(しゃごぜん)
権田・三国・谷風の3人が山を下りて初めて出会った人馬。


コノハ
コノハ
棟梁として山仕事を仕切る人馬。育ての両親は人間。







『人馬(二)』(イースト・プレス)



『人馬(一)』(イースト・プレス)

墨佳遼(すみよし・りょう)

東北生まれ関東育ち奈良在住。
著者ホームページ:
http://kaikigadou.jimdo.com/