• 1


8月に実施した第5巻発売&マトグロッソ100回記念企画
キャラクター人気投票の結果発表です!
誰が1位を獲得したのか…ドラムロールが鳴ってます~!!




第5巻発売&マトグロッソ100回記念として実施した『キミと話がしたいのだ。』の登場人物人気投票、結果発表です!
応募総数は86票。北海道から沖縄県まで、たくさんの方からご投票いただきました。

それでは発表です!!


  
第1位
くま
50票
 
  
第2位
しんのすけ
9票
 
  
第3位
さんま
8票
 
第4位
男爵
ハムカツ
4票
4票
 
第6位
珠子
良二
3票
3票
 
第8位
圭一
2票
 
第9位
カット
1票
たま
1票
花屋のご主人
1票



くま、第1位! 主役の貫録を見せつけました! かわいい、癒やされる、ちょっと抜けているところがいい、などなど…文字通り愛されキャラですね☆

第2位は安定のしんのすけ。冷静なところに票が集まりました。当初、票数が延びずハラハラしましたが、主役のひとりとして面目躍如です。

第3位はさんま。家族を思うけなげさが高評価。

第4位、第6位は、ミラクルな同率票! 絆の深い男爵&ハムカツと、ドジな珠子&応援したくなる良二は最高のコンビですね。

第8位のけいちゃんは、猫に癒やされている姿が共感を呼びました。

第9位もそれぞれ思いのつまった1票です。

たくさんの感想とともに貴重な1票をどうもありがとうございました!


☆プレゼント当選者発表

【1】 直筆ミニ色紙 3名
みゅうっちーずさん
りっくさん
リコピンさん

【2】 複製原画 1名
成瀬悠さん

【3】 第5巻記念・書店さん用缶バッヂ+しおりセット 4名
anzujamさん
フジタカさん
ぽっぽさん
るうさん

【4】 販促物セット POP3点+お試し読み小冊子 1名
くろねこにゃ~んさん

【5】 非売品シールセット 10名
淺野喜久子さん
新井幸代さん
うららさん
すずこさん
たろーさん
男爵さん
ニャッキさん
副会長さん
星野かなたさん
れこにゃんさん


以上19名様、ご当選おめでとうございます!
今回、抽選に外れた方にも、参加賞として粗品を送らせていただきます。
発送は、11月下旬を予定しております。気長にお待ちいただけると幸いです。

来週はマトグロッソ連載、第101回目!
今後とも『キミと話がしたいのだ。』をどうぞよろしくお願いいたします。


『キミと話がしたいのだ。』第5巻、好評発売中です!!


キミと話がしたいのだ。5

キミと話がしたいのだ。5
イースト・プレス刊/760円+税





☆LINEスタンプ第2弾、発売中です!!



☆ストアURL⇒https://line.me/S/sticker/1456659

第1弾も引き続き発売中♪⇒https://line.me/S/sticker/1109976

くまや仲間たちと一緒に、会話と癒やしの空間を楽しんでいただけたら嬉しいです♪


※次回は2017年10月26日(木)に登場!
 どうぞお楽しみに♪

2017/10/19 更新


  • 1
登場人物






『キミと話がしたいのだ。5』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)
猫のくまと、猫語がわかる青年しんのすけが織り成す、なにげない日常のものがたり、第5弾。今回の描き下ろしでは、くまとさんまの出会いが描かれます。






『キミと話がしたいのだ。4』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)
猫のくまと、猫と話せる青年しんのすけ。ふたりの暮らしをほのぼのと描く癒し系コミック第4弾。今回は、1巻に登場した猫の「たま」のお話を、描き下ろしで収録。






『キミと話がしたいのだ。3』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)
猫のくまと猫と話せる青年・しんのすけの、ふつうの生活を描く癒し系コミック、第3弾。今回、猫にまみれてモフモフするのは…? マトグロッソ連載に加えて、あの人の過去がわかる描き下ろしも!






『キミと話がしたいのだ。2』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)

猫のくまと青年しんのすけ。会話のできるふたりの日常を描くほんわかストーリー、第2弾。くまとしんのすけのほか、ご近所商店街の猫たちとその飼い主のエピソードなど、ファン必読の描き下ろしも充実!






『キミと話がしたいのだ。』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)

猫のくまと、猫の言葉を理解する青年・しんのすけとの、なにげない日々のものがたり。ふたりが織り成すいたって普通の暮らしから見えてくるものとは……? ココロに染みわたる、珠玉のショートストーリー。






『小さなキミと大きなボク』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)

身長145cm、童顔、大食いのまきちゃん。そんな妻を支えるのは、身長185cmの夫・マサムネくん。でこぼこ夫婦はのんびりと等身大で生きてます。『キミと話がしたいのだ。』のオザキミカが描く癒し系4コマ。






『ふうちゃんとおじいちゃん②』
(オザキミカ著/双葉社刊)
なぜかとても若くてかっこいいおじいちゃんと、孫・ふうちゃんの二人暮らし、第2巻。あったかくってクスリと笑えて、日々の仕事や日常生活に疲れた心を、きっと癒してくれます。






『ふうちゃんとおじいちゃん①』
(オザキミカ著/双葉社刊)

小学1年生のふうちゃんはおじいちゃんと二人暮らし。マイペースで現代っ子のふうちゃんと、孫がかわいくて仕方がないおじいちゃんの、のんびりとした毎日は小さな幸せでいっぱい。忙しいあなたの心をほぐす癒しの日常。

オザキミカ(おざきみか)

宮城県生まれ。マンガ家。2001年、雑誌『OURS LITE』(少年画報社)にてデビュー。その後、4コマ雑誌に活動の場を移し、『だてまき。』(芳文社)などを連載。2008年に雑誌『ハムスペ』(イースト・プレス)にて連載開始した『キミと話がしたいのだ。』は、雑誌の休刊を乗り越えて2012年に単行本化。続きが読みたいとの熱い声にお応えして、『マトグロッソ』にて連載スタート。順調に巻を重ね、単行本は『キミと話がしたいのだ。』1~5巻、『小さなキミと大きなボク』、また、『ふうちゃんとおじいちゃん(全2巻)』(双葉社)も発売中。

Twitter:@_OzakiMika_