• 1


少しずつ暖かくなってきた今日この頃。
くまものんびりお散歩中のようです。
その道すがら、バッタリ出会ったのは……?

























★著者近況★

去年引っ越しをして、図書館が近くなったので毎週通ってます。
今まで全く通って来なかったジャンルの本を読んでるのですが、本当に面白い!
全ジャンル制覇したいです。





『キミと話がしたいのだ。』第4巻、好評発売中です!


キミと話がしたいのだ。4

キミと話がしたいのだ。4
イースト・プレス刊/760円+税





LINEスタンプ販売中です!
商品はこちらから♪⇒http://line.me/S/sticker/1109976
かわいいくまと仲間たちを、会話に入れてあげてくださいね♪


※次回は2017年3月16日(木)に登場!
この連載は毎回【期間限定(4週間)】で掲載していきます。

2017/03/02 更新
  • 1
キミと話がしたいのだ。特別壁紙




登場人物






『キミと話がしたいのだ。4』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)
猫のくまと、猫と話せる青年しんのすけ。ふたりの暮らしをほのぼのと描く癒し系コミック第4弾。今回は、1巻に登場した猫の「たま」のお話を、描き下ろしで収録。






『キミと話がしたいのだ。3』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)
猫のくまと猫と話せる青年・しんのすけの、ふつうの生活を描く癒し系コミック、第3弾。今回、猫にまみれてモフモフするのは…? マトグロッソ連載に加えて、あの人の過去がわかる描き下ろしも!






『キミと話がしたいのだ。2』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)

猫のくまと青年しんのすけ。会話のできるふたりの日常を描くほんわかストーリー、第2弾。くまとしんのすけのほか、ご近所商店街の猫たちとその飼い主のエピソードなど、ファン必読の描き下ろしも充実!






『キミと話がしたいのだ。』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)

猫のくまと、猫の言葉を理解する青年・しんのすけとの、なにげない日々のものがたり。ふたりが織り成すいたって普通の暮らしから見えてくるものとは……? ココロに染みわたる、珠玉のショートストーリー。






『小さなキミと大きなボク』
(オザキミカ著/イースト・プレス刊)

身長145cm、童顔、大食いのまきちゃん。そんな妻を支えるのは、身長185cmの夫・マサムネくん。でこぼこ夫婦はのんびりと等身大で生きてます。『キミと話がしたいのだ。』のオザキミカが描く癒し系4コマ。






『ふうちゃんとおじいちゃん②』
(オザキミカ著/双葉社刊)
なぜかとても若くてかっこいいおじいちゃんと、孫・ふうちゃんの二人暮らし、第2巻。あったかくってクスリと笑えて、日々の仕事や日常生活に疲れた心を、きっと癒してくれます。






『ふうちゃんとおじいちゃん①』
(オザキミカ著/双葉社刊)

小学1年生のふうちゃんはおじいちゃんと二人暮らし。マイペースで現代っ子のふうちゃんと、孫がかわいくて仕方がないおじいちゃんの、のんびりとした毎日は小さな幸せでいっぱい。忙しいあなたの心をほぐす癒しの日常。

オザキミカ(おざきみか)

宮城県生まれ。マンガ家。2001年、雑誌『OURS LITE』(少年画報社)にてデビュー。その後、4コマ雑誌に活動の場を移し、『だてまき。』(芳文社)などを連載。2008年に雑誌『ハムスペ』(イースト・プレス)にて連載開始した『キミと話がしたいのだ。』は、雑誌の休刊を乗り越えて2012年に単行本化。続きが読みたいとの熱い声にお応えして、『マトグロッソ』にて連載スタート。順調に巻を重ね、単行本は『キミと話がしたいのだ。』1~4巻、『小さなキミと大きなボク』、また、『ふうちゃんとおじいちゃん(全2巻)』(双葉社)も発売中。

?