Mami、2万字インタビュー Mami バイリンガルニュース・Mami、2万字インタビュー この夏、「バイリンガルニュース」という番組がiTunesのPodcastランキング1位を爆走した。Michael &Mamiという謎めいたふたりが、英語と日本語で交互にニュースを読み上げ、感想を言い合う。それだけなのに、妙に面白い……。いちはやくハマった爆笑問題の太田光さんが自身のラジオ(&Podcast)「JUNK 爆笑問題カーボーイ」で繰り返し紹介、さらに中毒者が増え続けている同番組のMamiに、番組設立のきっかけや思い、Michaelとのこと、全部聞いてみました。
Michael &Mamiが独自のセンスで選んだニュースを元にフリートークを展開する
Podcastの人気番組「バイリンガルニュース」。はいこちらポンポコ商事です、と
爆笑問題の太田光さんもいち早く注目し「JUNK 爆笑問題カーボーイ」で紹介。
そんな番組のパーソナリティMamiに、気になることを全部お聞きしました。
(Mamiはこの後2015年1月に入籍を発表! 相手はMichaelではありません)






◎「バイリンガルニュース」のこれから


──さて「バイリンガルニュース」に関して、今後の目標はありますか。

やっぱり、より多くの人に聞いてもらいたい。そのために、自分たちが面白いと思えることのなかで、いろんなことをやっていきたいとは思っていて。ゲストを呼ぶ特別編なんかもそうだし、Tシャツを作ったりとか、ちょいちょい新しいことを出していって、引き続き面白いと思ってもらえたらいいなあって。

──運営費を捻出するのも大変なんじゃないですか?

初期投資の赤字分はTシャツでなんとかなったんですけど、今後運営していくのにもお金は掛かるし、あと週に2回これやってるんで、その間仕事ができないというのもけっこうダメージ大きくて。でも「時間もないし、お金もなくなったからやめます」っていうことにはならないように、かといってスポンサーについてもらうと自由度がなくなっちゃうし、CMが入っても自分だったら飛ばしちゃうし(笑)。なんとかsustainableにやっていくための方法を考えているところです。

──来てほしいゲストの方はいるんですか。

こないだMatt Cabに出てもらったんですけど、有名な人にももっと出てもらえないかなって思っていて。あと男性が続いてるから女性にも出てほしい。ほんとは。いっつも心細いから。

──番組上、バイリンガルであることは必須条件なんですよね。

そうなんです。それと関係なく言っちゃうと、私、マツコ・デラックスさんがすごい好きなんですよ。正直に言いたいことを言っている。けど、番組のこともあるから本当に言っちゃいけないことはちゃんとわかってるわけじゃないですか。それは、すごく頭がよくないとできないし、いい人なんだろうなって、勝手に(笑)。すごい好きです。

──嘘をつかない感じはありますよね。

私とMichaelがやってるのも、聞いてる人には嘘をつかない……さっきも言いましたけど、そのまんまを出すっていうのを目指してるので。それをおっきいメディアでやれてる人を見ると、ああ、すごいなあって思う。

──番組を聞いていると、Mamiさんに正義感の強さを感じることがあります。曲がったことは嫌いというか。

正義感! あー……やっぱりPRの仕事をしてると、いろいろ見えるわけじゃないですか。世の中曲がったことがいっぱいあって、それはしかたないというのもわかってるからこそ、ちょっとでも変えていけるところがあるなら、どうにかなんないかなとは思ってるんですけれど。

──そういう違和感はあるわけですね。

私にとって当たり前のことが、けっこうみんなにとってはそうでもない……簡単なところでいうとJUNGLE(アンダーヘアの処理問題)とかですけど(笑)、簡単じゃないところだと、たとえばそれこそサービス残業とか。それはしかたのないことだと思われてるけど、本当にそうなのかどうか。自分がPodcastやる前は、有名人とかを見て、「こんなにパワーがあるし、声を聞いてもらえるんだから、もっと大事なことを言えばいいのに」と思うことがよくあって。だからいま、せっかくこうやって何万人とか聞いてもらってるから、ちょっとでも何かのきっかけになればいいなと思ってます。

──社会issueに興味があると、先ほども言われてましたね。

たとえばInstagramとかソーシャルメディアを見てると、がんばりすぎて摂食障害になっている女の子がたくさんいて。海外ではそういう問題もよく取り上げられるんですけど、日本だと拒食症が原因で死んじゃった子の話とか、そういう究極な例が多くって。そこまではいかなくても苦しんでる子はたぶんいっぱいいると思うし。私もけっこうストレス掛かると、すごい過食したりとかあって。摂食障害とまでは言えなくても、女の子ってホルモンの関係でそういうのがあるじゃないですか。生理前に食べ過ぎるとか。そういうのをちゃんと科学的な裏付けも込みで説明すれば、ずいぶん楽になると思うんですよね。

──それは絶対あると思います。

前に摂食障害の話をしたときに、実際にそれで苦しんでる子から、前向きな気持ちになれたっていうメッセージをもらって。そうすると、ああ、番組やっててよかったなって。あとたとえば、女の子ってセックスしちゃうと、相手のことを好きになっちゃうっていうじゃないですか。それも普通に科学で説明できることなんですよ。セックスするとOxytocinとか、そういう親密に感じるケミカルが脳の中に出るから好きって勘違いしちゃうけど、それは一時的な作用であって。でもそれを女の子は知らないから、悩むわけでしょう。ろくでもない相手であっても、「好きになっちゃった。どうしよう……」って。でもそういうのがわかると、無駄に苦しむことはなくなるんじゃないかと思って。だいたい私、友達に恋愛相談されても「そんなのやめちゃいなよ!」とか「つぎつぎ!」とかすぐに言っちゃうから(笑)。

──Mamiさんも恋愛で苦しむことはあったんですか?

いや、苦しむ前に終わらせちゃう(笑)。なんでも、めんどくさいのがいやなんですよ。めんどくさい人も嫌いだし、めんどくさいことも嫌いだし。

──めんどくさい人と付き合ったことがあるんですか。

あります(キッパリ)。でもすぐ別れる。

──それは一時の気の迷いで。

そうですね。何考えてたんだろう(笑)。

──でも確かにメディアが、そういうissueをきちんと取り上げることで、変わってくることもありますよね。

やっぱりティーンエイジャーとか若い子に対するメディアのメッセージが、海外と日本で全然違うんですね。日本だと大学生くらいまで、けっこう子供扱いしちゃう。海外だと──たとえば雑誌で“Seventeen”ってあるじゃないですか。アメリカにもあるんですけど、中身がぜんぜん違うんですね。海外だとファッション以外にissueのページが絶対あって、たとえば妹を飲酒運転で亡くしてしまった子の話だったり、彼氏に暴力を振るわれているっていうissueに対しての真面目な記事だったり、そういうセクションがいっぱいあるんですよ。若い子でもそういうのを見る機会がいっぱいあって。MTVみたいなテレビでも、AIDSの日に一日中AIDSの特集をしたりとか。若者が見やすいように、同年代のAIDSの人たちを出してきて、話してもらったりとか。でも日本では、そういうのはみんな興味ないだろうっていうメディアのassumptionがあって……。そうすると、もともと興味があったかもしれなくても、触れることなく大人になっちゃうのかなあと思って。

──そういうメディアの固定観念というか、決めつけがある。

前から思ってたのが、メディアもそうだし、企業とかもそうなんですけど、みんな英語に興味ないだろうと思ってるじゃないですか。こんなに英語を勉強している人がいるにも関わらず。だから映画も全部吹き替えちゃうし、海外の番組も日本語にしてから流す。たとえばアジアのほかの国に行くと、「なんとかチャンネルアジア」っていうのがあるわけでしょう。そこで“American Idol”みたいなかんじの、アジアの女の子たちが参加する歌の番組もあって、そこに日本人の子も出て、上手じゃないけど英語で話したりしてるんですよ。でもそういうのって日本で全然知られてないし応援もされてないんですよね。

──それは基本、英語の番組なんですね。

アジアの中でもやっぱり共通言語は英語だから、ほかの国の人は観てる。でも日本だけちょっと取り残されてるっていうか。なんかそれって、みんなが選択したことなのか、メディアが選択したことなのかわかんないけど。そんなに英語聞きたくないのかなあって。でもこのPodcastをやって、これだけ聞いてくれてるってことは、案外そうでもないんじゃないか。だからどっかの業界の人たちが、バイリンガルニュースが1位になってるのを見て、「あー全部日本語に直さなくてもいいんだ」って思ってくれないかなあって、思ってるんですけど(笑)。Twitterでも「Michaelが何言ってるかわからないけど聞いてます」みたいに言ってくれる人もけっこういるんで。聞いてるうちにやっぱり耳は慣れると思うし。

──そうですよね。慣れることが重要で。

日本って真面目で、そこがいいところではあるんだけど、英語を勉強するにも真面目すぎちゃって、英語の本読むにしても一語一語全部辞書引いたりするでしょう。そりゃ嫌になるに決まってると思うんですよ。だけどタイとかベトナムに行くと、そのへんの道の、全然教育受けてない人たちもペラペラしゃべってたりするから。英語はただのツールであって、ゴールではないっていう。だからそんなに真面目にやらなくても……Podcast聞いてくれてる人で、「メモを取りながら聞いてます」ってたまに言われるんですけど、えー、セックスの話なんかもメモとってるのかなと思って(笑)。

──そういえばMamiさんが男の“Balls”を蹴ってみたいって言ったときに、Michaelが「スーパー・ドS」ってつぶやいたのがおかしかったんですけど……蹴ってみたいんですか。

蹴ってみたいです(キッパリ)。蹴れるもんなら。蹴ったことないから(笑)。でもその話をしたら、風俗嬢の女の子からメッセージが来て、「自分はそういうサービスをやっている」と。実際に“タマ”を蹴るサービスをやっていて、楽しいですよって。サイトのリンクとかもわざわざ送ってくれて、楽しかった(笑)。……いやでも、こっちは向こうのことを知らなくても、向こうはこっちのことを知ってるっていうのが、やっぱり不思議で。ほんとにみんなフレンドリーで、ああ、人間ってこんなに優しかったんだって思う。人間への希望がわきました(笑)。

──それは実感なんですね。

ほんとに。こんなにみんな優しいかと思って。Podcastで新しいエピソードをリリースするたびに、みんなTwitterとかですぐコメントくれるんですけど、毎回ちょっとどきどきするんですね。「がっかりした」とか言われたらどうしよう……とか。Michaelは落ち着いてるからあんまり気にしてないんですけど、私はけっこうビビリなんで……実は打たれ弱いから。iTunesのReviewでも星いっぱいくれるし。なんでこんな、みんな優しいかなあって。本当にありがたいです。

(おわり)



取材・構成 堅田浩二、浅井愛

2013/10/24 更新

Mami(マミ)

1986年生まれ。日本生まれ日本育ち。
2013年5月より友人のMichaelとバイリンガルニュースの運営/出演開始。
それ以前はコミュニケーション・コンサルタントとして外資系企業に勤務。


バイリンガルニュース
 
2013年5月にMichael &Mamiによって配信が開始された無料Podcastコンテンツ。当初は1回15分程度だったが、現在は毎回1時間強。毎週月曜日と木曜日の2回更新されている。Michaelは英語で、Mamiは日本語でニュースを読み、対話する。「発言に制約を設けたくない」とスポンサーは入れない主義で運営中。
iTunes
facebook

?