• 1

画面が正しく表示されない場合は、右クリックして「リンクを新しいタブで開く」
または「リンクを新しいウィンドウで開く」を選択して下さい。


body_newyorkde_01_ga.jpg


  • 1

近藤聡乃(こんどう・あきの)

1980年千葉県生まれ。漫画家、アーティスト。2000年にマンガ家デビュー。アニメーション、ドローイング、エッセイなど多岐に渡る作品を国内外で発表している。2010年、アニメーション「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版が「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」(グッゲンハイムミュージアム)においてTop25に選出。2011年、個展「KiyaKiya」(ミヅマアートギャラリー)において、アニメーション「KiyaKiya」を発表。コミックスに『はこにわ虫』『いつものはなし』(ともに青林工藝舎)『うさぎのヨシオ』(エンターブレイン)、作品集『近藤聡乃作品集』(ナナロク社)、エッセイ集『不思議というには地味な話』(ナナロク社)などがある。2008年よりニューヨーク在住。雑誌「ハルタ」にて「A子さんの恋人」を連載中。
公式HP http://akinokondoh.com/

[作者より]
はじめまして近藤です。
ニューヨークでも相変わらず制作中です。
日本にいた頃とそこはそんなに変わりません。

 






『不思議というには地味な話』(ナナロク社)
自身のブログに掲載していたエッセイをまとめたエッセイ集。ちょっと奇妙な怪奇現象(けれど地味)を綴った57編、すべてに描き下ろし挿画つき。26ぺージの描き下ろし漫画「もともこもみもふたも」も収録。






『うさぎのヨシオ』(ビームコミックス)
喫茶店でアルバイトをしながら漫画家を目指すヨシオは、うさぎ。同僚に叱咤激励されたり、出版社に持ち込みに行ったり、喫茶店の美人客に心奪われたりしながら、漫画道を進んでいくひとりの青年(ただしうさぎ)の、恋と仕事と夢の物語!







『近藤聡乃スケッチ原画集「KiyaKiya」』(ナナロク社)
最新アニメーションとなる「KiyaKiya」の制作のために描かれたスケッチ原画200点を収録した作品集。透けのある紙を重ねて束ねた特殊な造本と、原画を忠実に特色4色で再現した印刷も美しい一冊。