• 1


犬田虹が殺されるちょうど一週間前、虹の彼女も亡くなっていた……。
新たな事実を得て、元ヤンキー刑事・大神と助手の汽子は関係者のもとへと走った。
こども作家キリカ(9才)の初ミステリー「大神刑事の事件簿」、第1話≪解決編≫!


シリーズ第1話


ワイン、とうぶから出けつ、殺人事件(後編)


 とりあえず、犬田虹(いぬたこう)が殺された現場へ向かった。
「とうぶからの……出けつと見てまちがいはなさそうだな」
 死体の近くにはワイングラスの破片とワインがこぼれてできた"しみ"らしき物があった。そのしみから、1メートルはなれたテーブルの上には……
「名ソムリエ……全集……?」
 たしかにそう書いてある、3000ページはある一冊の本を見つけた。適当に、ペラペラとめくった。あるページにしおりがはさんであった。
「犬田、虹……」
 とともに書かれていた名前は、竹井きりん、ぞう山太郎だ。

 まず、竹井きりんの家を訪ねた。
「はい?」
「警察、とくしゅそうさかの者ですが」
「け、けいさつ!?」
「犬田虹が殺されました」
「え?」
「その事でお話をうかがいたいのですが」
「ど、どうぞ……」
 犬田虹とのかんけいや、犬田虹をうらんでいた人などを聞いてみた。
「そんな。あんないい方をうらむ人なんて」
「そこをなんとか」
「あ!」
「え?」
「ぞう山太郎!」
「あいつ、犬田虹の彼女を、犬田虹より前に好きだったのに、犬田虹にとられてねたんでました」
「それはたしかですか?」
「え、ええ。あいつ好きな人をストーカーしてつかまった事もあります」
 その情報も気になるが……。
「犬田虹とのかんけいは?」
「はじめて会ったのは、ぼくがまだ入社して、間もないころです。そんなぼくと同じで、気があって、ぼくに話しかけてくれました」
「それ以来仲良くなったと」
「はい」
「いつごろ出会ったんですか」
「3年前くらい……です」
 3年……か。きみょうに長い時間。その間になにがあったのか。
「うーん」
「どうなんですかね。大神刑事」
 こいつは助手の犬野汽子(いぬのきこ)。
「私、まずぞう山さんのお家へ行った方がいいかと……って、えー! まって下さい! 大神刑事!」
 ちっ! 言われなくてもわかってるっつーの。

 ピンポンピポンピポンピーンポーン
「るすか?」
 ガチャ
「ひぃぃぃ。け、警察手帳を」
「ハイ」
 俺は言われるがままに見せた。
「ど、どうぞ」
 俺は話をした。
「じつは」
 すると、
「わ、わたしは殺してません。犬田を殺して……」
「警察は証拠もなしにうたがいませんよ。……証拠がなければね……」
 そのようなことを言うと……。
「ご、ごめんなさい。ぼ、ぼくが殺しました」
 俺は、ゆっくり言った。
「どうして犬田を殺したんですか。どうきは?」
「え? 犬田なんか殺していません。私が殺したのは、犬田の彼女、宇佐野梓(うさのあずさ)ちゃんです」
 俺は驚いた。が、あせらず言った。
「どうして」
「ある日、梓ちゃんを、あのその、モガモガ、ス、ストーカーしていたんです。そうしたらばれて『警察をよびますよ』というんです。だから、しかたなく……。殺すつもりは……」
 はぁ。と思う。そして言った。
「梓さんはあなたが逃げたとき、かすかに生きていました」
「え?」
「あなたが逃げずにきゅうきゅう車をよんでいれば、彼女はたすかったかもしれない」
「そ、そんなぁ。な、ならばぼくがたすけていれば、あの子は……。うわーん」
 はぁ。好きすぎて、殺してしまうなんて。
 それはそうと、"犬田"の命をうばってしまったやつはいったい。新たな犯人はだれなのか……。

 大神刑事は、あるぎもんをかかえていた。宇佐野梓と犬田虹の事件はかかわりがあるのか、と。そう考えているうちにひとつの考えがうかんだ。
「まさか……」
 彼女のいそうなところは……。
 宇佐野梓のうち!

 ――――バァン!!!――――

 そこには、宇佐野梓の妹がクビにナイフを当てて……。
「やめろぉーっ!!」

 ――――ザクッ――――

 ナイフはかべにささった。彼女は大粒の涙をうかべながら言った。
「どうしてですか? わ、わたしは」
「俺は――」
「?」
「おまえが犬田を殺したのはわかってる」
「じゃあなおさら……」
「死ぬなよ!!」
「はっ!」
「おメーは梓のために犬田を殺したんだろ!!?」
 うなずいてはないが、涙でわかる。
「だったら死ぬな!! おまえの姉はおまえが死んでうれしいのかよ!!!」
 そう言ったしゅんかん、われにかえったようにじべたにすわりこみさけんだ。
「うえーん」
 それから時間がたち、
「刑事さん」そう言い、手をさしだした。

 ――――こうして事件のまくはとじた。
 犬田が梓を殺したとかんちがいし、ふくしゅうのため殺した。凶器にワインをつかったのは、犬田がソムリエだからだ。
 こうしてすべてがおわった――――。

 かんちがいから生まれる殺人。まったく、人ってどうかしてるぜ。


―シリーズ第1話・完―


2013/10/17 更新
  • 1

キリカ(きりか)

都内在住の小学3年生。最近読んだ本は『陽だまりの彼女』(越谷オサム)と、『ルームメイト』(今邑彩)。どちらも映画の予告編を見て興味を持ち、お母さんに文庫本を買ってもらって読みました。夢は杉下右京さんの相棒になることです。

 






大神刑事





犬野汽子

 
 




◎最近読んだ本



陽だまりの彼女 (新潮文庫)

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)

私が最近読んだ中で一番気に入った一冊で、もう、驚きっぱなしです!



ルームメイト (中公文庫)

『ルームメイト』(今邑彩)

途中で何が何だかわからなくなる不思議な一冊です。



夫のカノジョ (双葉文庫)

『夫のカノジョ』(垣谷美雨)

小説として、読みやすいです! 家族トラブルも解決⁉