2012/12/16 更新



『SWITCH vol.27 No.7(2009年7月号)』
笑福亭鶴瓶がいかにして「鶴瓶」になったかを解き明かした、充実の特集「鶴瓶になった男の物語」。その中の見開き頁で、タモリは「『違う』けど『近い』男の話」として鶴瓶にコメントを寄せている。鶴瓶とタモリ、違うけど近いお笑い観が浮き彫りになった名特集。






『ピアノ弾きよじれ旅』(山下洋輔・著/徳間書店)
「タモリ発見」のエピソードはもとより、タモリ密室芸時代の三大セッション「タモリ教授vsサカタ土方(坂田明)」のフランス文学論争、さらには全日本冷やし中華愛好会を立ち上げる経緯など初期タモリを知るための必読本。もちろんタモリ関連以外でも山下洋輔の軽やかな文章が心地良い名エッセイ。

1978年福岡県生まれ、静岡県育ち、福島県住在の会社員。テレビっ子をこじらせて「てれびのスキマ」というブログをやっています。Twitterアカウントは @u5u です。WEBサイト「人間風車」「日刊サイゾー」でテレビに関するコラムを連載中。雑誌『splash!!』(双葉社)、『TVBros.』(東京ニュース通信社)、『Dropkick』(晋遊舎)、『マンスリーよしもとPLUS』(ワニブックス)などでもたまに執筆させてもらってます。

[作者より]
テレビ好きをこじらせたブログをやってます。マトグロッソの著者名一覧でひときわ場違い感を放っていますが、場違いついでに最近は「水道橋博士のメルマ旬報」にも連載させてもらってます。


「タモリにとって『偽善』とは何か」
こちらからお読みいただけます。