• 1


注目のフォトグラファー・武井裕之氏によるWEBギャラリー。
文字通り「東京」+「制服」+「少女」をテーマに、
代表作から最新作まで、隔週で展示していきます。



春欄麺 (image cut) / 2016 武井裕之




日本橋三越はなばな祭『 春 欄 麺 』(企画 白白庵)に武井氏の作品も出展します。本ページに掲載された作品は、会場には展示されていないイメージカットになります。鉢は陶芸家の小孫哲太郎(こまごてつたろう)氏によるもの。


Archives :







2016/02/18更新
  • 1

武井裕之(たけい・ひろゆき)

フリーのFMラジオ音楽番組制作ディレクターの仕事の傍ら、写真を独学で学ぶ。1995年からストリートで制服少女のみの撮影を始める。最初は単に、10代の幼気な可愛らしさを追い求めたスナップ撮影ばかりだったが、しだいに彼女たちが持つ思春期独特のオーラに強く惹き付けられるようになる。その後、繊細で儚い処女性を追い求め、本格的に自身の作品としての撮影を始めた。デジタルとアナログフィルムの両刀を使う。特にフィルム撮影では、光で少女たちを包み込む様にハイライト部分を強調し、ラボの職人との共同による、銀塩写真独特の荒れた粒子の質感を生かした昔ながらの手法は、デジタル写真全盛の現代では珍しい。今までありそうで無かった少女写真の表現を追求した結果、軟派なイメージになりやすかったそれらモチーフに、流行に左右されない繊細で質実な独自の写真論を確立させた。近年その撮り溜めたコレクションをギャラリーなどで発表を始める。人生の初心を忘れずに、10代の頃に抱いたせつない恋心が永遠のテーマ。その為、被写体となる女子は事務所などで養殖されたモデルには無い純度の高い輝きを求めて、一般の子のみを対象としている。


Hiroyuki Takei
 
After teaching himself photography, Takei started shooting in the streets with a focus on girls in school uniform in 1995. Initially, all he took was snapshots of them. However, as he gradually became fascinated by their aura, which is unique to adolescent girls, he started pursuing delicate and fragile maidenhood and shooting the girls seriously as his work. Notably, when he uses film cameras, he accentuates highlights to cover his subjects with light. His use of the old-fashioned method of utilizing the film grain texture of silver halide photography is rare in this day and age where digital photography dominates the scene. As a result of pursuing a familiar yet new expression of girl photography, he has established a delicate, simple and classic photography theory of his own for those subjects that are prone to be erotic. It was only recently that he started to exhibit his work, which he has been archiving.

?