35日間で、世界一周してきました! 水谷さるころ 35日間世界一周!! 【Part2ヨーロッパ鉄道編】 ぼんくらトリオが、無謀なスケジュールで世界一周の旅に出た!
その顛末はコミックエッセイ『35日間世界一周!!』に描かれ、
このたびめでたく全5巻で完結しました。
それを記念し、旅の見所を写真で振り返ります。第2回はヨーロッパ鉄道編!
ぼんくらトリオが、無謀なスケジュールで世界一周の旅に出た!
その顛末はコミックエッセイ『35日間世界一周!!』に描かれ、
このたびめでたく全5巻で完結しました。
それを記念し、旅の見所を写真で振り返ります。第2回はヨーロッパ鉄道編!


11日目! 
シティ・ナイト・ライン~スイス連邦鉄道~レーティッシュ鉄道




おはようございます。こちらホテル・トレインの朝食。部屋まで持ってきてくれます。




スイス・チューリヒに到着!




グリーンベレーをかぶったスイス・アーミー達。中立国のスイスは、自衛のために徴兵制があるとか。




スイス連邦鉄道に乗り換えて、クール駅を目指します。




だんだんと山が広がり……




アルプスの少女ハイジっぽい風景になってきました!




クール駅に到着。赤の鉄道・レーティッシュ鉄道アルブラ線へ。2008年、周囲の景観も含めて世界遺産に登録された鉄道です。




ヨロレイヒ~! スイスの山々が近づいてきた~。




サン・モリッツ駅に到着、駅ナカのレストランで腹ごしらえ。ノダD はカツレツに、日本から持参した中濃ソースをかけて喜んでました。




ホテルに荷物を置きサン・モリッツへ。ヨーロッパでも有数のスキー・リゾート地だけど、シーズンオフで人がいない! お店もやってない。




サン・モリッツ湖で、絵はがきのように美しい山並みと湖を見る。……が10分くらいで飽きる。




エレベーターで高台のドルフ地区へ。シャネル、ヴィトン、ブルガリなど高級ブランドショップが建ち並ぶエリアとか。




しかしチョコレートショップくらいしか開いてなかった。ヨーロッパのシーズンオフの容赦なさ。




スイスと言えばチーズフォンデュ。散々探し歩いたがどこにも無く…




やむなく「フォンデュ・シノワーズ」なるものを頼んだら、しゃぶしゃぶだった。しかしこれが絶品! しゃぶしゃぶにドライトマトとタルタルが合うとは。35日間世界一周・11日目終了!



12日目!
スイス(レーティッシュ鉄道)~イタリア(ユーロスター・シティ)




ホテルに誰も泊まってないのかと思ったら、スキー合宿的な学生の集団と朝食で一緒になる。バカンスの人とは会わないシーズン。




サン・モリッツ駅へ。突然現れるカタカナの看板は、姉妹鉄道の箱根登山鉄道から送られたもの。




列車に付けるとおぼしき標識を手に記念撮影。あれ、おじさんたち、おそろいみたいな格好…。




レーティッシュ鉄道・ベルニナ線に乗って出発! この列車も世界遺産です。




出発時点では標高は1800mくらい。この先は2000mを越えます。




雪山が近づいてきた! 寒い! 眩しい!




出ましたベルニナ連峰! 標高2800m!




まさに白銀の世界。これが列車の車窓から見られるなんてすごい!




山を越えて、標高が下がってきました。気温もぐっと暖かく。




トンネルを抜けるといきなり春に。まさにハイジな風景。黄色い花が咲き乱れている!




「おおブレネリ」の世界だー。スイスの湖畔だー! 水色の湖に、赤い列車が映えます。




ベルニナ線のハイライト「ブルージオのオープンループ橋」。ぐるっと一周して下っていきます。




ループの真ん中に牛が放牧されてる!




大興奮の列車の旅でした。そしてティラーノに到着! ここはもうイタリア。




「イタリアだから」と駅前のレストランでパスタとピザを。これがばっちりおいしい。さすがだ~!




そしてイタリアといえばジェラート。駅前のスタンドでもばっちりおいしかった。




スイス旅行からイタリア旅行にモードチェンジ! イタリア国鉄でミラノへ。




ミラノからは特急列車「ユーロスター・シティ」に。目指すは水の都ヴェネチア!




そろそろヴェネチアが近づいてきた。海の上を走ってる~!




島なのに列車で渡って来られた。ヴェネチア到着!




ヴェネチア駅前、いきなり水上バス乗り場。車の通れる道はなく、徒歩か船かになります。




ヴェネチアの夕焼け。本格的な観光は明日から~。




ホテルのオーナーおすすめのレストランへ。流しのおじさんの演奏付き。




スズキのムニエル、魚介のパスタ、イイダコのオリーブ炒め的なもの。海の幸のイタリアンがおいしかった! 35日間世界一周・12日目終了!



ヨルダンを発って、オランダ・スイス・イタリアと鉄道で旅をしてきたボンクラ3人組。
世界遺産ヴェネチアに到着! まだまだ旅は続きます。

※第3弾は2014年10月23日(木)に掲載!


2014/10/16 更新

水谷さるころ(みずたに・さるころ)

1976年1月31日、千葉県柏市生まれ。女子美術短期大学卒業。イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナー。2人の姉と双子の弟がいる。99年「コミック・キュー」でマンガ家デビュー。08年に旅チャンネルの番組『行くぞ! 30日間世界一周』に出演し、その後『30日間世界一周! 』(全3巻)としてマンガ化。09年に続編『行くぞ! 30日間世界一周 2周目! 』に出演し、『35日間世界一周!!』(全5巻)としてマンガ化。09年に離婚し12年に世界一周メンバーのノダDと再婚(事実婚)。その顛末は『結婚さえできればいいと思っていたけど』(幻冬舎)に詳しい。その後も精力的に国内外の旅行を継続しており、『世界ボンクラ2人旅! タイ・ベトナム前半戦/後半戦』他刊行。現在は一男の母。趣味の空手は弐段の腕前。

公式サイト:
 http://www.salu-pro.com/
Twitter:
 @m_salucoro

コミックエッセイ版
『35日間世界一周!!』全5巻
水谷さるころ:著

body_35_02_wd.jpg

旅の全貌を、水谷さるころ本人がコミックエッセイに描き下ろしました。トラブル続出、踏んだり蹴ったり笑ったり。そして最後に超展開。ぼんくら3人組のリアル珍道中!


35日間世界一周!! Part1 アジア編

『35日間世界一周!! Part1 アジア編』


35日間世界一周!! Part2 ヨーロッパ鉄道編

『35日間世界一周!! Part2 ヨーロッパ鉄道編』


35日間世界一周!! Part3 南欧南米・世界遺産編

『35日間世界一周!! Part3 南欧南米・世界遺産編』


35日間世界一周!! Part4 南米・天空都市編

『35日間世界一周!! Part4 南米・天空都市編』


35日間世界一周!! Part5 カリブ海リゾート& NY・ハワイ編

『35日間世界一周!! Part5 カリブ海リゾート& NY・ハワイ編』