• 1


萩尾望都先生推薦! “加齢”を考えるコミックエッセイ。
としをとることで見えてくる人生の楽しみ方を描きます。
老化は見た目だけでなく、内臓にもやってくるようで…。













次回は、4/26 (木)に更新予定です。
※このお話は、4週間限定の公開です。




『としをとるのは素敵なこと』

『としをとるのは素敵なこと』

A5判・本体1000円+税 
絶賛発売中!!




ご感想お待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください!
応援よろしくお願いいたします。

2018/04/12更新
  • 1



『としをとるのは素敵なこと』
(イースト・プレス)

萩尾望都先生ご推薦!!
50歳を迎えた著者が、あらゆる角度から自身の加齢と向き合ってみたコミックエッセイ。
年齢を重ねたからこそ見えてきた人生の楽しみ方を、明るくほっこり描く1冊です。

有我すずな(ありが・すずな)

1966年福島県須賀川市出身。
1988年「ちゃおDX」(小学館)でデビュー。その後「ちゃお」(小学館)「ASUKA」(KADOKAWA)などで執筆。
現在は同郷の女流作家・水野仙子を題材にしたマンガやイラストを制作している。

著者HP
http://suisendo.web.fc2.com/