『失踪日記2 アル中病棟』を語る 吾妻ひでお とり・みき 『失踪日記2 アル中病棟』を語る 衝撃的な内容と、それに反した飄々とした筆致で数々の賞を総ナメにした『失踪日記』。
その刊行後から執筆すること8年めにして、ついに続編『失踪日記2 アル中病棟』が完成しました。
それに際して著者吾妻ひでお氏と、旧知の間柄であるとり・みき氏の対談が行われました。
今回はマトグロッソ用に、ネタバレ無しのショートバージョンを掲載します。
(完全版は『失踪日記2 アル中病棟』でご覧ください)
30万部ベストセラー『失踪日記』から8年をかけて執筆された、
失踪後の顛末を描く続編『失踪日記2 アル中病棟』──
感銘を受けたとり・みき氏が、著者の吾妻ひでお氏に迫ります。


『失踪日記』から8年



とり まず、おつかれさまでした。本当に。

吾妻 こちらこそ。背景を手伝っていただきまして(笑)。

とり いえいえ、わずかなページで(※藤井ひろし氏他アシスタント勢に加わり、とり氏も数ページ背景を手掛けている)。

吾妻 でも背景だけでもとりさんの味が出てるんで、どのページをやったか読者は一発でわかると思いますよ。独特の、粘っこいペンタッチがあるね。どうやって描いてるのか知らないけど。

とり 細かいところはミリペン、タッチが付いてるのは筆ペンですね......いや、そんなことより(笑)。完成原稿を通して読ませていただいて、非常に感銘を受けました。

吾妻 ありがとうございます。

とり 大作ですよね。350ページ近いですから。

吾妻 描き下ろしで、締め切りも枚数制限も無かったから。

とり トータルでどれくらい掛かったんですか?

吾妻 えー......っと何年掛かったかなあ。『失踪日記』が出て、わりとすぐに始めたから......10年くらい?

とり 『失踪日記』が2005年の3月ですね。ということは8年。もちろんこの間に他の本もいろいろ出されてましたけど。

吾妻 途中で「これ、終わらないんじゃないかなあ」って思ってた(笑)。

とり 途中途中での締め切りも設定されてなかったんですか?

吾妻 一応毎月1回担当のKさんに来てもらって、上がった分だけ見せるっていうのはやってました。

とり ネーム段階でも見せていたんですね。

吾妻 そうそう。最初「暗い」っていうダメ出しが出て。確かに虚無感が漂ってた。

とり 十分漂ってますけどね、まだ(笑)。

吾妻 それから反省して大分明るくしたんですよ。その時ちょっと鬱状態だったんで(笑)。できるだけ明るい感じで、笑えるようにしたいと思って。




ギャグマンガ家は性格悪い

とり 出てくる人はみんな仮名ですよね?

吾妻 仮名です。一応個人が特定されないように。

とり これだけ大勢のキャラクターが出てくる群集劇で、なおかつそれぞれ顔を描き分けるっていうのは簡単なことじゃない。自分も描き手だからわかりますが、シンプルな線で個性を持たせるのは、実は非常に難易度が高くて。どうしてもパターン化してしまいますから。

吾妻 それは実際に、濃いキャラクターばかりだったから(笑)。

とり 嫌なキャラクターも出てくるわけですが、ずっと読んでると、最後には親しみが湧いてくる。吾妻さんが多少突き放した視線で描いてるからっていうのもあるんでしょうけど、人間の仕方なさっていうのが伝わってきて、逆にそれは憎めない部分ですし。

吾妻 おれも描いていて、「自分は本当に性格悪いなあ」って思ったよ(笑)。

とり ギャグマンガ家は性格悪いものですから(笑)。

吾妻 大体ひねくれてるからね。「こいつネタにしてやろう」って、必ずそういう目で見てる。



とり 引いて見てますからね。でも看護師さんはみなさんかわいくて。

吾妻 看護師さんはほんと気を遣って描きましたから。今後もお世話になるかもしれないし(笑)。

とり 女性は押しなべてかわいく描かれていて、それが読者としては救いです。

吾妻 描いてるほうとしても、おっさんばっかりだと潤いが無いから(笑)。

とり 鬱の象徴のキャラクターもかわいい。

吾妻 元はあれ、つげ義春さんの『夜が掴む』の感じで。

とり あれのギャグバージョンなんだ。ぬいぐるみになりそうですよね。うつぐるみ。

吾妻 いいねえそれ(笑)。



とり 多少気を遣われるところもあるでしょうけど、ご自身のことも含めて、いいことも悪いことも等価に描かれているのは非常によかったです。漫画に対する信頼性も増して。赤裸々なんですけど、露悪的ではないんですよね。

吾妻 基本、みんな性格悪いから。誰かがスリップ(飲酒)すると、大喜びする。「やったー!」って(笑)。「これで退院が1ヵ月延びたな」みたいな。

とり (笑)

吾妻 まあ、やっぱり本当に描けないこともいくつかあって。でもそれはマンガの面白さと関係ないところだからね。




失踪日記2 アル中病棟

『失踪日記2 アル中病棟』
吾妻ひでお・作


「病棟は、楽しいよ」(吾妻)

度を越した飲酒でアルコール依存症になってしまい、担ぎ込まれた通称『アル中病棟』。入院してわかったお酒の怖さ。そこで出会ったひとくせもふたくせもある患者や医者たち。かわいくて厳しいナースたち。そしてウソのようで本当の、驚くべきエピソードの数々。そこから著者はいかにして、アルコール依存症から抜けだしたのか? 30万部ベストセラー『失踪日記』から執筆8年、満を持しての続編。




失踪日記

『失踪日記』
吾妻ひでお・作


「全部実話です(笑)」(吾妻)

突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働──『アル中病棟』に至るまでの波乱万丈の日々を綴った、今だから笑える赤裸々なノンフィクション。第34回日本漫画家協会賞大賞・平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞・第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞・第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門受賞。

吾妻ひでお(あづま・ひでお)

1950年2月6日、北海道出身。上京後就職するもほどなく退社。漫画家板井れんたろう氏のアシスタントを務め69年にデビュー後、『ふたりと5人』『やけくそ天使』などのギャグ、『パラレル狂室』『メチル・メタフィジーク』『不条理日記』(79年、第10回日本SF大会星雲賞コミック部門受賞)などの不条理・SF、『陽射し』『海から来た機械』などのエロティックな美少女ものなど様々な作風で各方面から絶大な支持を得る。『ななこSOS』『オリンポスのポロン』はアニメ化された(両作品とも05年にハヤカワコミック文庫で復刊)。89年に突然失踪、その顛末は05年『失踪日記』として発表され、第34回日本漫画家協会賞大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門を受賞。近作に『うつうつひでお日記』『ぶらぶらひでお絵日記』『逃亡日記』『地を這う魚』『実録! あるこーる白書』 (西原理恵子と共著)、Azuma Hideo Best Selectionシリーズ等。

とり・みき(とり・みき)

1979年「少年チャンピオン新人マンガ賞」に『ぼくの宇宙人』が入選しデビュー。以後ギャグマンガをメインにエッセイコミック、SF・ホラー作品も手がける。1994年『DAI-HONYA』および1998年『SF大将』で星雲賞、1995年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。主な作品に『るんるんカンパニー』『クルクルくりん』『愛のさかあがり』『石神伝説』『冷食捜査官』『ロボ道楽の逆襲』『プリニウス』(ヤマザキマリと共著)がある。劇場版アニメ『WXIII機動警察パトレイバー』では脚本を担当。
Twitter:@videobird




?