青かった、恋とマンガと初期衝動 古屋兎丸 青かった、恋とマンガと初期衝動 古屋兎丸の初期重要作を収録した『禁じられた遊び』が刊行、
しかも表題作は今回初公開となる、15歳当時の作品です。
そんな古屋氏の青春初期衝動エピソードをお聞きしました。
古屋兎丸の初期重要作を収録した『禁じられた遊び』が刊行、
しかも表題作は今回初公開となる、15歳当時の作品です。
そんな古屋氏の青春初期衝動エピソードをお聞きしました。


──絵は、子供の頃から好きだったんですか?

好きすぎて、親に禁止されてたの。家の柱とか壁とかに描きまくってたから。だから年末に、家族が出す年賀状を100枚くらい渡されて、それには絵を描いていいっていう制度があった。それが毎年すごいうれしかったのを覚えてる。年賀状担当は3~4歳から高校生くらいまで続きました。

──マンガは描いてましたか。

小3の時から、友達4~5人とお互いの家を行き来してコピー誌を作るようになったんです。その時の仲間に、いま東大の教授になってる人がいて……宇野重規君っていう。何年か前に、宇野君の本(『トクヴィル 平等と不平等の理論家』)のカバーイラストを描いたことがあります。  

──今でも会われているんですか。

最近は会ってないけど、つい1週間くらい前に電話して「何かいいネタない?」とかって聞いた(笑)。あと小島君っていう、いまプログラマーをやってる子が昔から変わってた。中学のときなんだけど、授業を聞きながらノートいっぱいに点を打って、それを線でつないで小さい三角形の塊を描くのね。あとでそれを見たら、授業で何をやったか思い出すんだって。それでものすごく成績がよかったっていう。でもノート借りても全然意味がわからない(笑)。ある意味天才ですよね。

──古屋さんはどんな小学生だったんでしょう。

いや、全然普通の。わりと大人しい感じで。それで中学に入ったら、原君っていう、マンガが衝撃的に上手な子がいて。もう自分とは雲泥の差。彼はいま全然違う仕事をしてるんですけど、そっちの道に進んでたらすごいことになってたと思いますよ。原くんはいい友達で、よきライバルだったし、軽いジェラシーも感じてた。そんな原君への対抗意識もあって、雑誌にイラストの投稿を始めるんです。今回の本(古屋兎丸初期短篇集『禁じられた遊び』)にも一部収録されていますけど、中学はハガキ職人の時代でした。「少年キング」の読者欄に、毎週のように投稿して。

──どうして「キング」だったんですか?

投稿者のレベルがすごく高かったから。常連の投稿者が自分にとっては本当に神々の世界だった。「え。これ本当にハガキに描いてるの?」っていうような。そこに近付きたくて……やっと下の方に名前だけ掲載されたんだけど、うれしくて本を2冊買ってね。そのあとちゃんと絵が掲載されたときはもう、「やった!!」っていう。それからだんだん掲載率が高くなって、もう得意満面。

──「どうだ!」みたいな。

そうそう。やっぱり自分の絵が印刷されるっていうのはすごいことで。クラスの連中を見回して「お前らと俺とはもう次元が違う!」って心の中で思ってました(笑)。思春期の自意識全開でバカすぎるけど、でもそれくらい誇らしかったんですよ。

──原君にも見せましたか。

見せました。素直な子なんで普通に「すごいじゃん!」って言ってくれましたね。それでこっちも、原君にほめられた~とか思って。そういうのがあって、その後「キング」でメンバーを募集していた、HITっていう漫画同好会に参加したんです。

──その会報誌「THE MA」に描かれた作品のひとつが、今回の単行本の表題作『禁じられた遊び』ですね。





そうですね……なんで、よりにもよってこれが表題作なんだっていう。いまさら人に見せるのマジで恥ずかしいんだけど。

──大丈夫です。これは15歳、高校の入学試験の3日前に描いた作品とか。

当然、そこは落ちましたね。でもおかげで吉祥寺の明星高校に行くことになって、それが大きなターニングポイントになったんです。その後約10年間、マンガ活動から離れるんですよ。……そういう意味では『禁じられた遊び』は古屋兎丸以前、古屋剛(※本名)時代の代表作と言えなくもないかもしれない(笑)。

──高校、大学とマンガは描いてなかったんですか。

やっぱりマンガなんて描いてても暗いな、単なるオタクだな、とか思って。中学の時に江口寿史さんの『ストップ!! ひばりくん!』を読んで、本当にハマりまくったから、そういうオシャレで華やかな世界の中で青春を謳歌したい!っていう思いがあって……まあそれもやっぱりマンガの世界なんですけど(笑)。でもあとから聞くと、『ひばりくん』は明星の生徒をモデルにしてる部分があったんですってね。

──『ひばりくん』の衝撃は大きかった。

それはもう熱狂したし、人生が変わりましたよね。江口さんのギャグが、あのポップでかわいい絵で炸裂しているっていうのが……もう最高じゃないですか。連載の始まりからスクラップして自家製の単行本を作ってました。それをさっきの原君や、そういう話のわかる友達と読んで、「このひばりくんやばくない?」「かわいいよねえ」「もう男でもいいよね」って。「でもひばりくんのお姉ちゃんにも言い寄られたらどうする?」みたいな。

──杞憂ですね。

杞憂なんだけど、「えー、そうなったら困るよ~」って、みんなで困ったりして(笑)。つばめちゃんがひばりくんの身代わりになって、服を脱ぐ場面があるじゃないですか。あそこに乳首を入れて色を塗った完璧なバージョンを作ったりしてました。


>>1年上に美人の先輩がいたんです



『禁じられた遊び』
(古屋兎丸著/イースト・プレス 刊)

古屋兎丸(ふるや・うさまる)

1968年1月25日生まれ。東京都出身。多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。都内の高校で美術講師を務めながら、94年「月刊漫画ガロ」にて『Palepoli』でデビュー。その後も着実にキャリアを深め、『Marieの奏でる音楽』『πーパイー』『ライチ☆光クラブ』『インノサン少年十字軍』『人間失格』『帝一の國』『女子高生に殺されたい』ほか多数。

古屋兎丸