• 1


北欧スウェーデン。あの美しい景色を息子に見せたい!──と、
7年前、“女一匹”で訪れた北欧へ今度は家族と向かいます。
4月12日発売の単行本より先出し公開です!




北欧!自由気ままに子連れ旅 息子、初めての海外へ









































































つづきは本でお楽しみください!









『北欧!<br>自由気ままに子連れ旅』<br>

『北欧!
自由気ままに子連れ旅』

4月12日発売!





ご感想お待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください! 応援よろしくお願いいたします。


2019/04/04更新
  • 1


『女一匹シベリア鉄道の旅』(イースト・プレス)

ロシアの人ってあったかい
サンクトペテルブルクからモスクワ、そしてシベリア鉄道へ! どこまでもつづく絶景を眺めながら 乗客たちとウォッカで乾杯! 9000キロの果てなき大地を駆け抜ける列車の旅!
一緒に旅する気持ちになれるコミックエッセイです。



『女一匹シルクロードの旅』(イースト・プレス)

国境を越えて人と文化に出会う道。
長距離バスを乗り継ぎ、中国は西安から、新疆ウルムチ、カザフスタン、ウズベキスタン、そしてトルコへ。
にぎやかなバザール、オアシスの街、月夜の下で踊る美しい女性たち……。
グラデーションのように変化する言葉や文化、美しい景色と人々の顔。かけがえのない出会いを繰り返しながら、心をつなぐひとり旅。




『真冬のロシアでぶらり途中下車!』(イースト・プレス)

冬まっただ中のロシアをシベリア鉄道で横断! 鳥取は境港から、
ウラジオストク?モスクワまでの約10000キロを旅します。

極東の港ウラジオストク~シベリア鉄道に乗って首都モスクワへ。
今回の旅の目的は、途中下車を繰り返し、各地のおいしい家庭料理をいただき、ロシアのおばあちゃんアイドルグループに会いに行くこと――。
極寒の大地で、野宿危機! など珍道中を繰り返しながら、温かなかけがえのない旅を堪能します。

織田博子(おだひろこ)

食を旅するイラストレーター。