小説を大きくしたい。それを多くの読者に、届けたい。 古川日出男 古川日出男インタビュー〈〈後編〉〉 作家・古川日出男が新刊刊行と同時に、参加するユニット“the coffee group”としての
初のアルバム作品『ワンコインからワンドリップ』をリリースした。
とうとう「小説の限界」を感じて、音楽の世界に飛び込んだ……? まさか?
そんなことを一瞬でも思った自分を恥じた。 
古川日出男がやることには、いつだって意図がある。気持ちがある。
今ある形じゃ収まらないと思ったから方法を、そしてルールを変えた!
「紙」だ、「電子」だといった<小さな>形の話に終始する場所から抜け出して、
小説がもっと<大きく>なるために必要なことを実践した結果がここにある。
〈〈後編〉〉、いよいよ話は核心へ――。
『4444』(古川日出男)
44の掌編から浮かび上がる、ある「教室」の形。Web上での「44週ノンストップ連載」が一冊の本となり、著者44歳の誕生月に発売された。河出書房新社HP内につくられた特設ページ(http://mag.kawade.co.jp/4444/)では古川さんのインタビューも読むことができる。



『ワンコインからワンドリップ』(the coffee group)
“耳で聞けるコーヒー、ガブガブと飲める小説”
古川日出男、蓮沼執太、小島ケイタニーラブ(ANIMA)、鈴木雄介、近藤恵介の5人によるユニット“the coffee group”による1stアルバム。古川日出男は朗読&言葉担当として参加。小説も三編書き下ろした(ブックレット所収)。リリースはHEADZ。




古川日出男(ふるかわ・ひでお)

1966年、福島県生まれ。98年『13』(角川文庫)で作家デビュー。2002年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞と日本SF大賞を受賞。06年『LOVE』で三島由紀夫賞を受賞。他の著書に『サウンドトラック』(集英社文庫)、『ベルカ、吠えないのか?』(文春文庫)、『聖家族』(集英社)などがある。今年は4月に、3年半ぶりとなる書き下ろし長編小説『MUSIC』(新潮社)を刊行、6月には文庫版『サマーバケーションEP』(角川文庫)、7月にも同じく文庫版『ハル、ハル、ハル』(河出文庫)と、最新作『4444』(河出書房新社)と、参加ユニットthe coffee groupの1stアルバム『ワンコインからワンドリップ』(HEADZ)を発売と怒涛のリリースラッシュ!