• 1




アフリカ、コーヒーの産地で名高いエチオピア。茅葺きの円形住宅を訪ねるたびに
コーヒーを振る舞われ、頭はどんどん覚醒していく。そしてここにも、犬たちがいた。
写真家・石川直樹が、犬たちとの一瞬の邂逅を軸に、この世界の有り様を綴るフォトエッセイ。



#15



#15 ドライでクール(エチオピア)





 世界の三大高地、それはアンデス、ヒマラヤ、そしてエチオピアである。アンデスとヒマラヤまではなんとなくわかるが、エチオピアがそれらと匹敵する高地であると言われても、いまいちピンとこない。
 ぼくは20歳の頃に、はじめてアフリカ大陸に足を踏み入れた。今はどうなのか知らないが、当時はロシアの航空会社アエロフロートが、アフリカに行くための航空会社としては、圧倒的に安上がりだった。その代わりサービスも値段相応で、機内食が半解凍で冷たかったり、リクライニングが壊れていたり、スチュワーデスのふくよかなおばちゃんに「毛布をください」とお願いすると、「ほらよっ」とばかりに投げてよこす、そんな時代だった。
 とにかくそのアエロフロート機でケニアのナイロビに入り、バスでタンザニアへ南下してアフリカ大陸最高峰キリマンジャロに登った。その後、ぼくは少々欲を出して、エチオピアに向かい、エチオピアの最高峰であるラスダシャンという山に登ろうと思ったのだが、アプローチの途上で徒渉すべき川が増水で全く渡れず、隣の山に登ってとぼとぼと帰ってきたのだった。しかし、隣の山といえども標高は5000メートル近くあり、周辺にも同じような高さの山があったと記憶しているので、たしかにエチオピアは高地なのである。
 二度目にエチオピアを訪ねたのは、コーヒー豆の取材が目的だった。が、途中で見かけた茅葺きの円形住居に心を奪われてしまい、集落を見つけるたびに車を降りて、家々の撮影をした。エチオピアには客人をもてなすためのティーセレモニーならぬコーヒーセレモニーがあり、一軒の家を訪ねるごとに一杯のコーヒーを飲ませていただくことになって、ぼくの頭はどんどん冴え渡り、覚醒が持続するというなんとも不思議な旅となった。
 訪ねた家はどれも素朴な建物だったが、家の前には犬がいることが多かった。この家にも犬がいて、首輪をしているので鎖に繋がれていると思いきや、途中で切れている。それでも逃げ出さないのは、犬もまた人間と完全な共存関係を築かなければ生きていけない土地だからだろう。人間でさえも食べ物に困る高地は、すなわち「荒地」でもあって、当然電気も水道もなく、夜は底冷えがする。しかし、すすで真っ黒になった暖かい室内に、犬たちは少しも近寄る気配がない。逃げ出さないけれど、近寄りもしないのだ。
 つかず離れず、甘やかさず媚びを売らず、来る者拒まず去る者追わず、無闇に叱らず無闇に吠えず、忠実だがプライドは失わず......。人間と犬におけるそのようなきわめて正しい関係がエチオピアには、ある。高地に生きる動物も人も、当地の環境よろしく、ドライでクール、そしてたくましいのだ。



(了)
―#15―

この連載は隔週でお届けします。
*次回:2013年9月19日(木)掲載
2013/9/5 更新

  • 1
Qomolangma チョモランマ
『Qomolangma(チョモランマ)』(SLANT)
『Lhotse(ローツェ) 』に続くヒマラヤ写真集シリーズ第2弾。2001年、23歳の石川は、チベット側から世界最高峰・チョモランマ(エベレスト)に登頂。この遠征は、その10年後にネパール側から再登頂することになるエベレスト、さらにローツェやマナスルといったヒマラヤのへの旅の出発点でもある。当時の写真に加え、2013年末から14年初頭にかけて再訪したチベットの街と人々の暮らしを写しとった作品も収録。





バングラデシュ (世界のともだち)
『バングラデシュ (世界のともだち) 』(偕成社)
世界36か国の子どもたちのくらしを紹介する全36巻の写真絵本シリーズの一冊。石川が担当したのはこの数年で何度か訪れているバングラデシュ。ダッカの中心部からCNGという三輪タクシーで小1時間、ガンジス川をわたった先の街に暮らす、少年アシフの日常を紹介する。青い自転車がアシフの相棒!

石川直樹(いしかわ・なおき)

1977年東京都生まれ。写真家。高校2年生のときにインド・ネパールへ一人旅に出て以来、世界を絶えず歩き続けながら作品を発表している。2000年に北極から南極まで人力で踏破するPole to Poleプロジェクトに参加。翌2001年には、七大陸最高峰登頂に成功。2011年には、2度目のエベレスト登頂を果たす。昨年秋、マナスル登頂に成功。写真集に『THE VOID』(ニーハイメディア・ジャパン )、『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)、『VERNACULAR』(赤々舎)、『Mt.Fuji』(リトルモア)、『ARCHIPELAGO』(集英社)他、著書に『全ての知恵を装備に置き換えること』(集英社文庫)、『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』(リトルモア)他がある。 2008年、『最後の冒険家』(集英社文庫)で第6回開高健ノンフィクション賞、2011年には写真集『CORONA』で第30回土門拳賞受賞。
ブログ:http://www.littlemore.co.jp/foreverest/

[作者より]
10月3日から、沖縄で写真のワークショップをやります。ツアーも組んでくれたみたいなので、みなさんぜひ遊びにきてください。写真、上達しますよ〜。

http://photonesiaokinawa.org/workshop/tour/