• 1


「もしかして霊に取り憑かれた…!?」 そんな状態におののき
著者が始めたのが、心と身体のお掃除《浄化》! その過程や効果、
今すぐできる浄化法がわかるコミックエッセイ。










※画像クリックで拡大されます。


















 続きは本でお楽しみください!






浄化でハッピー!

浄化でハッピー!
イースト・プレス 刊/1000円+税





ご感想お待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください!

2017/04/06 更新
  • 1



『浄化でハッピー!』麻生夕貴 著(イースト・プレス)
浄化とは、日々のストレスや不必要な情報、余分なカロリー、ネガティブな感情などなど、気づかないうちに心と身体にたまった邪気や汚れを取り除くこと。「やめる」「気づく」「出す」の3つにポイントを置いて始めた浄化生活。その過程や効果を描きつつ「今すぐできる浄化法」がわかるコミックエッセイ。




『モノがなくても、大丈夫!』麻生夕貴 著(イースト・プレス)
テレビなし、タンスなし、炊飯器なし。以前は人並みにモノを持っていた著者が「モノを持たない」シンプルライフに至るまでの道のりを描くコミックエッセイ。「必要最低限のモノで暮らす、自分に優しい生活」を見つけるまでの彼女の行動は、きっと何かの気づきを与えてくれるはずです。




『ずっと健康だと思ってた。34歳脳こうそく克服記』有田奈央:作 麻生夕貴:絵(イースト・プレス)
絵本作家をしながら保育士として働く奈央(通称ブー子)は、34歳のある朝、突然左半身に痺れが!! 脳こうそくになった彼女の発症からの一部始終、そんな中での心の変化や看病する家族との本音のやりとりを、ほのぼのと笑いを交えて描くコミックエッセイ。




『絵本作家になりたくて ぐーたらブー子の奮闘記』有田奈央:作 麻生夕貴:絵(WAVE出版)
毎日食べて、寝るばかりの、グータラなアラサー女子・ブー子が、上京して、プロの絵本作家になるまでのドタバタを描いた「絵で食べていきたい!」と願う、すべての人に贈るコミックエッセイ。

麻生夕貴(あそう・ゆうき)

福岡県生まれ。漫画家。
☆ホームページ:麻生夕貴