“掛け算”してる場所がいま、おもしろい! 光嶋裕介 内沼晋太郎 内沼晋太郎×光嶋裕介 「これからの社会に必要なのは『掛け算』」。若き建築家・光嶋裕介はそう話す。
ひとも資源も有限だし、何より常に新しいものを求めるという発想はつまらない。
そもそも、畳の部屋に布団を敷き、朝になったら卓袱台を出して食卓を囲んできた日本人は
元来、「同一空間を活かす」ということに長けているという。
いまあるものに意外な要素を掛け合わせて育てていく、これからの「場所」づくりについて、
まさにその発想の実践している本屋B&Bの内沼晋太郎さんと光嶋さんにじっくり語って頂きました!
(開催:2013年11月20日 本屋B&Bにて)
「これからの社会に必要なのは『掛け算』」。若き建築家・光嶋裕介はそう話す。
ひとも資源も有限だし、何より常に新しいものを求めるという発想はつまらない。
そもそも、畳の部屋に布団を敷き、朝になったら卓袱台を出して食卓を囲んできた日本人は
元来、「同一空間を活かす」ということに長けているという。
いまあるものに意外な要素を掛け合わせて育てていく、これからの「場所」づくりについて、
まさにその発想の実践している本屋B&Bの内沼晋太郎さんと光嶋さんにじっくり語って頂きました!
(開催:2013年11月20日 本屋B&Bにて)



ドリンク片手に本が選べる「本屋B&B」、東京・下北沢にある現地にて。左から光嶋氏、内沼氏


◎ひとつの建築のなかに、複数の「掛け算」を用意する

光嶋 僕、これからはシェアできるものはシェアしていく、そういう考え方が浸透していったほうがいいと思っているんです。平川克美さんが「移行期的混乱」という言い方で説明しておられるように、成長期から成熟期に移行し徐々に人口が減少していく社会においては、過剰になり過ぎた部分を削ぎ落して、シェアできるものはシェアしていく、そういうやり方が必要だろう、と。
 だから、ここ「本屋B&B」の「BOOK & BEER」という組み合わせを見たときに、「ああ、こういうことなんだ」と思ったんですよね。今日はそのへんのことを中心に、内沼さんとお話しできたらと思っています。

内沼 はい、ぜひよろしくお願いします!

光嶋 まずは自己紹介も兼ねて、スライドを使いながら僕がいまの考え方に至った道筋や仕事についてお話ししていきます。僕の建築家としての最初の仕事は、内田樹先生に頼まれて2011年に設計した「凱風館」という建物で……これですね。






光嶋 建築にはクライアント、設計者、そして実際に建てるひと、まずそのトライアングルがあるんですよね。そこに予算、物量、法律、構造……あらゆる問題が複雑に絡んでくる。クライアントの人柄、それから家族構成など様々な要素が。
 凱風館であればまず、内田先生が作っている甲南合気会という組織がキーになります。ここはその道場として150人の門人が毎日お稽古にくる“みんなの場所”であることが求められます。同時に、能楽師である奥様が、小鼓を叩かれる場所でもある。
 さらに、内田先生は名誉教授となって大学を退官されましたが、いまでも毎週火曜日にここで寺子屋としてのゼミをされている。著者として本の執筆もされる。これだけ多様な行為を、どういった建築的操作で解決できるか――それを示そうとしたのがこの曼荼羅です。





光嶋 そして、これらの機能をひとつの建築のなかに同居させるために、こういう切り分けを考えました。





 これは色分けしてあるのでわかりやすいですが、作ってみてわかったことは「こんなにシンプルじゃあない」と。たとえば、当初は更衣室としてこの紫のスペースを考えていたのですけれども、実際は更衣室だけでは立ち行かないので、皆さん道場で着替えたり、2階に行って着替えたりする。設計するときに未来を想像して「こう使うであろう」と考えるけれども、それだけではつまんないわけですよね。計画と無計画のあいだを活かすならば、ある種の“余白”を設計段階で残しておくことで予測不能なことにも対応する必要がある。もちろんそれぞれの機能はちゃんと成り立ってなきゃいけないので、空間を機能ごとに分解していったんですね。
 街全体の文脈から見ても、でっかい体育館のような建物が住宅街にボンとあると「何だあれ」となってしまうので、それぞれの機能ごとに天井の高さを変えて、屋根を与え、あくまでそうした小さな空間の集合体だというのがわかるように工夫したわけです。そうして機能ごとに分割されていることで、掛け算のためのユニットができる。そのために身体的なスケールにおける余白――天井が高かったり低かったり、細い廊下であったり広い廊下であったりという組み合わせをたくさん取っているんですが、掛け算によって廊下の使い方は使い手の自由な発想に委ねられていく。そういう関係性を演出することが、設計者としてできる行為なのかな、と。
 そうして設計されたユニットの中で、パブリックな場所としての道場と、2階奥のプライベートゾーンのあいだにセミ・パブリックな場所が生まれた。これは内田先生が「僕は閉じこもって本を書くんじゃなくて、編集者が来たり、友達が来たり、ワイワイしている開かれた書斎で本を書きたい」とおっしゃったことに起因しています。書斎と遊び場という掛け算が行われることで新しいものが生まれていくんですね。
刊行記念イベント第3弾!!

■第3弾 ゲスト:西川美和さん
日時:2/6(木)19:00-
場所:池袋コミュニティ・カレッジ
「創作者の果てなき夢」――学生時代に叶えたかった夢… そしてプロになっていま、抱えている夢。特にいまは過酷なミッションを周囲にも課し、チームで夢を叶える立場にあるおふたり。それらをいったいどうやって実現させているのか。涙と笑いに満ちたおふたりの体験談、ご期待ください!  ※詳細はコチラ
ご予約:リブロ池袋本店
03-5949-2910

■第2弾 ゲスト:束芋さん〈終了〉
日時:1月17日(金)19:00-
場所:代官山蔦屋書店
「ここにしかない」ものを発見する天才、お二人がどんな武者修行―空間体験―を積んできたのか、たっぷりお話し頂きます!



建築武者修行 ―放課後のベルリン

『建築武者修行 ―放課後のベルリン』(イースト・プレス 刊)

あこがれの建築事務所の扉を叩いたその日からぼくはベルリンで働くことになった。同時に暇さえあれば訪ね歩いた綺羅星のような建築たち―いまのぼくを形づくった一〇年間の“旅”の記録。光嶋さんが初めてつづった自分史であり、学びの足跡でもあります。






『みんなの家。建築家一年生の初仕事』(アルテスパブリッシング 刊)
いよいよ発売!! 独立したての若き建築家に舞い込んできた初めての依頼は、内田樹さんの道場兼自邸「凱風館」の設計だった―― 「ほぼ日刊イトイ新聞」の好評連載が一冊に。漫画家・井上雄彦さんを迎え、凱風館にて行われた内田樹さん、光嶋さんとの特別鼎談も収録されています。




本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)

『本の逆襲』(朝日出版社 刊)

出版業界の未来は暗いかもしれないが、本の未来は明るい。本はインターネットもスマホもSNSもイベントも、すべてのコンテンツとコミュニケーションを飲み込んで、その形を拡張していく。「本と人との出会い」を作る型破りなプロジェクトを次々と立ち上げ、話題の新刊書店、下北沢「B&B」でメディアとしての本屋を実験する若きブック・コーディネーターが、新しい本の可能性を指し示す――
内沼さんの、待望の新刊です!

光嶋裕介(こうしま・ゆうすけ)

建築家。東京、目黒区在住。1979年、米ニュージャージー州生まれ。早稲田大学理工学部建築科で石山修武に師事。大学院修了後、独ベルリンの建築事務所に4年間勤務。2008年に帰国し光嶋裕介建築設計事務所を主宰。2010年、思想家・内田樹氏の自宅兼道場(合気道)である凱風館を設計。SDレビュー2011入選。2010年より桑沢デザイン研究所、2011年から2012年まで日本大学短期大学部にて非常勤講師を務める。さらに2012年からは首都大学東京・都市環境学部に助教として勤務中。著書に『みんなの家。~建築家1年生の初仕事~』『幻想都市風景』、最新作に『建築武者修行―放課後のベルリン』がある。

内沼晋太郎(うちぬま・しんたろう)

numabooks代表。ブック・コーディネイター、クリエイティブ・ディレクター。1980年生まれ。2012年7月、下北沢に本屋「B&B」を、博報堂ケトルと協業で開業。読書用品ブランド「BIBLIOPHILIC」プロデューサー、これからの執筆・編集・出版に携わるひとのサイト「DOTPLACE」編集長なども務める。著書に『本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本』(朝日新聞出版)。先日『本の逆襲』(朝日出版社アイデアインク)が発売に!