Mami、2万字インタビュー Mami バイリンガルニュース・Mami、2万字インタビュー この夏、「バイリンガルニュース」という番組がiTunesのPodcastランキング1位を爆走した。Michael &Mamiという謎めいたふたりが、英語と日本語で交互にニュースを読み上げ、感想を言い合う。それだけなのに、妙に面白い……。いちはやくハマった爆笑問題の太田光さんが自身のラジオ(&Podcast)「JUNK 爆笑問題カーボーイ」で繰り返し紹介、さらに中毒者が増え続けている同番組のMamiに、番組設立のきっかけや思い、Michaelとのこと、全部聞いてみました。
Michael &Mamiが独自のセンスで選んだニュースを元にフリートークを展開する
Podcastの人気番組「バイリンガルニュース」。はいこちらポンポコ商事です、と
爆笑問題の太田光さんもいち早く注目し「JUNK 爆笑問題カーボーイ」で紹介。
そんな番組のパーソナリティMamiに、気になることを全部お聞きしました。
(Mamiはこの後2015年1月に入籍を発表! 相手はMichaelではありません)






◎1位になったし、会社辞めます


──フリーになったのは、何か思うところが。

Podcastを始めて単純に時間がなくなったのと、フリーでもやっていけると思って。

──「会社行くときに電車降りないで、このままどこかに行ってしまったらと想像したことがある」と話されてましたね。

そうそうそう。ほんと思いました。ちょっと働き過ぎてて、人間いつ死ぬかもわからないし、このまま一生ずっとオフィスで働くのもどうだろう……って。その頃は月から金までびっしり残業して、反動で土曜日クラブ行って、飲んで、日曜日死んで、みたいなのをずっとやってたんですけど、会社にも、その不健康な生活にも疲れちゃって。そんなときに、仕事で2ヵ月くらいミュンヘンに行ったんですね。そしたら広い公園がたくさんあって、緑も多くて。夕方になると店が全部閉まっちゃうから、みんな早く家に帰る。その生活でストレスが軽減されて、「これいいな」と思って。

──こういう生活もあるんだ、と。

そんなところにPodcast始めちゃって、すごく楽しいんだけど、ますます時間がなくなって。そうこうしてるうちにリスナーが増えて、1位にもなったから、これをいまちゃんと頑張らないともったいない。「これをいいわけにして会社を辞めてしまえ」みたいな感じで。

──会社を辞めることに、不安はありませんでしたか。

辞めようって思ったときに、たまたまおっきいプロジェクトが社外であって、それを頼まれていたんですね。そのほかにもちょいちょい一緒にやろうって言ってくれる人がいて、「あ、これ辞めても意外といけるんじゃないかな」と。それで社長に「実はいまPodcastやってるんですけど、iTunesで1位になったから、もう辞めます」と(笑)。

──ボスはなんて言ったんですか。

「よかったねえ!」って(笑)。「なんかあったら仕事投げるからよろしくー」って。優しかった。超円満退社。いまは健康的な、早く起きて、早く寝て、運動してみたいな生活を。お酒もあんまり飲まないし。オフの日はおうちでくまちゃん(ねこ)と一緒にいます(笑)。



くまちゃんとは今年8月、シェルター(捨て猫保護施設)で出会った


──クラブもあんまり行ってないんですね。

なんかこのPodcastのせいで、いまもすごく行ってるみたいにみんな思ってるんですけど(笑)、ぶっちゃけそんなには行ってません。

──プライベートではどんな本を読まれてるんですか。

本を読むときはだいたい英語なんですけど……最近はなんか、くだらない小説とか(笑)。“Fifty Shades of Grey”ってあるじゃないですか。すっごい流行ったんですけど、イギリスのエロ小説みたいな。あれの2巻目を読んでます。ときめきがなくなった、熟女の方が読むような官能小説なんですけど。

──そういうジャンルがお好きなんですか。

いやそういうわけじゃないんですけど(笑)、あまりにも売れたから、なんでそんなに売れたんだろうと思って……興味本位です。



1巻は今年の夏休み、プーケットのビーチで読了


──最近、恐竜と女性が絡む官能小説っていうのが一部で話題になってますよね(“TAKEN BY THE T-REX”)。

そうだ。それこないだ「これMamiさん好きそう」ってtweetしてくれた人がいて。読んだほうがいいかな(笑)。

──ところで、おふたりとも顔出しをされていないっていうのは、何か理由が?

深い意味は全然ないんですけど、Podcastだから顔を出すっていう発想自体なくて。そしたら爆笑問題のラジオに出たぐらいから「顔出ししないんですか」ってすっごく言われるようになって。「こういうふうに想像してます」ってイラストとか送ってくれるんですけど、それが美男美女の絵ばっかりで、ハードル上がりすぎた(笑)。Michaelに「怖い怖い、もう顔出ししたくないんだけど。絶対がっかりされるじゃん」って言って。もともと個人に興味を持たれるとは全然思ってなくて、だから「何歳ですか?」とか聞かれても「え、そこなんだ!」と思ったりしたくらいで。

──そういえば、おふたりはおいくつなんでしょう。

10月22日で27歳に。Michaelはいま25歳かな。

──あ、Michaelのほうが年下なんですね。

すごく落ち着いてますよね……。あんな落ち着いてる人見たことない。焦ってるところも見たことないし、急いで走ってるところも見たことない。

──トークを聞いていても、「リアクションうす!」って思うことがあります(笑)。

笑ってても声に出ないから、たぶんみんなにはわかんない(笑)。これ爆笑問題のラジオでも言ったんですけど、一回Michaelが間違えてパソコンの中身全部消しちゃったことがあるんですよ。もう音楽とか写真とか全部なくなっちゃったのに、そのリアクションが「……あ」だけで(笑)。え、それだけ!? 焦らないんだ! と思って。この人何があったらテンパるんだろうと思って、びっくりしました。

──その爆笑問題の番組に出るっていうときも、「緊張するー」って超緊張してない声で言ってて。

そう(笑)、声には出ないんですけど、あのときはさすがに緊張してましたね。

──ちなみにMichaelはどんな感じのルックスなんですか?

Michaelのことをみんな、白人っぽい、(CIA元職員の)Snowdenみたいなのを想像してるみたいなんですけど、全然違う(笑)。坊主で、二重の幅が広い。パッチリおめめ(笑)。背が高くてマッチョです。普通にイケメンなんじゃないかな。

──収録はMichaelの自宅なんですよね。爆笑問題の事務所がある阿佐ヶ谷で。

それも本当に偶然で。でも私はMichaelが阿佐ヶ谷に住んでるのにずっと文句言ってて……うちから遠いんですよ。毎回毎回往復で2時間くらいかかるから、「早く引っ越してほしい」ってずっと言ってるんですけど(笑)。でも結果的には阿佐ヶ谷でよかったなって。

──「Podcastに時間取られすぎだ」って、お互いのボーイフレンドとかガールフレンドに文句言われたりっていうのはないんですか。

Michaelはいま彼女がいなくて、Podcastが始まった頃からずっと彼女募集中なんです。ぜひそれを書いておいてください(笑)。



◎でも、Michaelは“友人”です


──わりとそういうプライベートな話もされるんですね。

あ、全然します。彼女の相談とか……Michaelのこれまでの彼女、みんなかわいい子ばっかりなんですよ。あと家族の話とか、なんでも。私もなんでも言うから、お互い知らないこと、あんまりないんじゃないかな。親にも会ったことがあるし。

──でも付き合ってないんですよね。

でも付き合ってないんです(笑)。

──そこは声を大にして。

そこは声を大にして。太田さんにも「収録中ムラムラすることってないの」って言われたんですけど、全然そういうセクシャルな雰囲気じゃなさすぎて(笑)。ほんと兄弟みたいな感じで──ロマンチックな感じではないんですね全然。お互い変な話ばっかりしてるから(笑)。

──でも仲いいですよね……いっそのこと結婚すればいいんじゃないかと思いましたが。

いやいやいや(笑)。ていうかMichaelじゃなくても、自分が結婚してるところが想像できない。男の人と一緒に住んでる自分が想像できないんですよ。すごい自己中だから。

──でも番組だと、Michaelに対して配慮というか、気配りを自然にされてるような。

えーっ(笑)。どうだろう……。でもMichaelはすごく不器用だから、代わりにアピールしなきゃと思うことはあります。ちゃんと伝わらないんじゃないかと思って。

──「結婚っていう制度は自分に向いてない」と以前に言われていて。

子供が欲しくなかったら結婚する意味ってあんまりないと思っていて……自分は。保険とか税金とか以外の要素では。でも子供は欲しいから、そうなると結婚したいなあって思うんですけど──。

──でも男の人と生活してるところが思い浮かばない。

男の人って、洗面所とか汚くするじゃないですか。それがなんか……やだ(笑)。私はずっとルームメイトと一緒に住んでて、だから女の子は慣れてるんですけど。お互いベタベタしないし、自分のことは自分でやるっていう感じだから、すごく楽で。

──Mamiさんが好きになる異性のタイプはどのような。

ほんとバラバラなんですよね……。ただ弟がいるので、年下は絶対だめで。

──ああ、この時点でMichaelはアウトに。

そう(笑)。付き合ってたのはだいたい3、4歳年上の人が多いですね。25歳のときには34歳の人と付き合ってましたし。あとお花くれるようなロマンチックな人が好きで。Michaelはロマンチックなタイプじゃないからなー。

──Mamiさんはいまは彼氏は。

私は……内緒です(笑)。でもハーフの人が多いですね。もともと大学が、帰国子女か外国人がハーフの人しかいなかったし、会社も外資に入っちゃったから、その中で遊んだり友達紹介してもらったりすると、普通に日本人に会うほうが難しい感じで。あと日本語と英語の両方ができる人のほうが楽っていうのもありますね。日本語だけをずっと話さなきゃいけない、英語だけをずっと話さなきゃいけないっていうのも逆に疲れちゃうんで。……最近人に言われて気づいたんですけど、ねこのくまちゃんをほめてるときはずっと日本語なんですけど、怒るときだけ英語なんですよ。

──なぜなんでしょう。

全然わかんないです(笑)。なんかその……子供に話すBaby Talkみたいなのが、英語だとできないのかな。私が、個人的にですけど。あと英語だと怒ったりするときにスパっと言いやすいっていうのはあるかもしれない。彼氏とのけんかとかでも(笑)。

──Michaelがシモネタを振ってきたときも、よく“Shut Up!”って言ってますよね(笑)。

そうですね(笑)。怒ったときは絶対に英語かもしれない。その英語と日本語を混ぜて話すっていうのも私のまわりでは自然なことで。ルームメイトも英語と日本語を混ぜてしゃべってるから、家の中でもそうだし、彼氏もそうだったし、母親もそうで。Michaelもほとんど英語だけど、「めんどくさい」とか日本語で言うじゃないですか。

──「めんどくさい」とか「てきとう」とか。

そう(笑)。あと会社もそんな感じだったし。でもPodcastで英語と日本語を混ぜて喋ってると驚かれることも多いから、そのときは「あ、そうか」ってなる。

──意識して英語と日本語を使いわけるときもあるんでしょうか。

あー、たとえば仕事でPR用のリリースを書いたりするときは、母国語のほうがいいって言われますね。ちょっとでも間違えたりすると、大問題になっちゃうから。あと個人的にはメールを打つときは英語のほうが楽かな。漢字変換とかしなくていいし、それとときどき、語尾をどうしていいかわからなくなる(笑)。「だよ」とか「だね」とかでちょっと迷ったり。

──でもそういうニュアンスの違いをどう出すかっていうのは、普通に迷いますよね。

大学のときに日本語の文学の授業があって。たとえば狐を助けてあげたら人間の女性としてやってきて、結婚して、でも寝てる間に狐に戻っちゃうっていう「狐の嫁入り」みたいな話を読むんですけど、それが日本語だとすごく風情があるのに、英語になると急にくだらない話みたいに聞こえちゃうんですよね。なんか、ただの狐好きの変態の話みたいな。

──(笑)

海外から来ている、英語しかわからない学生は「なんだこの話?」みたいになってるわけですよ。だから日本語にはその意味以上にいろんなニュアンスが含まれていて、それが英語になると全部抜け落ちちゃうんだと思って。それは結構発見でした。『源氏物語』もストーリーだけ見れば、けっこうチャラい男がいろんな女に手を出してっていう、その繰り返しじゃないですか。しかも自分が娘のように育てた女の子ともセックスしたりとか、最悪な男なんですけど、それが日本語の古文だと趣きがあるように感じられる。でもそれが英語になると、そういうのが全部抜け落ちちゃうから、結局ただのチャラ男の話みたいな(笑)。それで海外の人たちが混乱してるのを見たときに、ああ、やっぱりこれは英語で読むものじゃないなと思って。どんなに気をつけて訳しても、無理なんですよね。伝わらないから。日本語のよさっていうのは、そういうところにあるんだなあって思ったりしました。

──日本語自体のニュアンスもあるし、それが生活や季節感ともリンクしてるから、なおさら伝わりづらいでしょうね。

日本人には当たり前の「月」といったら「秋」とか、あと春はピンク、桜、みたいなイメージは外国の人にはわからないから、それとかを先生がいちいち説明してるのを見て、日本語ってすごい詩的な言葉なんだなあと思って。

Mami(マミ)

1986年生まれ。日本生まれ日本育ち。
2013年5月より友人のMichaelとバイリンガルニュースの運営/出演開始。
それ以前はコミュニケーション・コンサルタントとして外資系企業に勤務。


バイリンガルニュース
 
2013年5月にMichael &Mamiによって配信が開始された無料Podcastコンテンツ。当初は1回15分程度だったが、現在は毎回1時間強。毎週月曜日と木曜日の2回更新されている。Michaelは英語で、Mamiは日本語でニュースを読み、対話する。「発言に制約を設けたくない」とスポンサーは入れない主義で運営中。
iTunes
facebook

?