• 1


1945年、美しきチベットの僧院で、少年たちは出会う。
苛烈な運命に翻弄されることを知らずに。
アパが戻ってこないことを知ったドルジェは……。第3回。




第3回

























ご感想お待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください! 連載の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

* このお話はフィクションです。登場する人物、団体、名称などは架空であり、実在の人物や団体などとは関係ありません。

次回は6月29日掲載予定です。
2017/05/25 更新
  • 1


【登場人物】


ダワ
ダワ
名前は「月」の意。父親と2人で巡礼の旅をしていたが、センゲ僧院にお詣りした際、父親(アパ)が失踪。行き場がなく、僧院に置いてもらっている。実は男の子。


ドルジェ
ドルジェ
センゲ僧院の沙弥(見習い僧)。お詣りにやって来たダワと父親に出会い、その後置いていかれたダワを気にかけている。


ガワン
ガワン
センゲ僧院の沙弥。ダワより4歳年上の先輩。一見クールだが後輩の面倒をよく見る。






『流転のテルマ』 1~4巻(完結)(蔵西 著/講談社刊)
「助けてくれ」。行方不明の兄からメールが届くと、大学生の徳丸は、父に頼まれて西チベットに旅立った。未知の土地で、徳丸は日本語のできる現地ガイド・ソナムを雇う。彼によると、兄が向かったのは外国人入域禁止エリアらしい‥‥。ガイドの中でもソナムしか知らないというその場所は、国境に程近い秘境。ソナムの浮かない顔に、徳丸は不安を覚えるが‥。標高3000m越えの大地を歩く、徳丸の旅が始まった!!

蔵西(くらにし)

神奈川県在住。チベット文化圏に通って絵地図を描いていたものの、もっとチベットの物語を描きたくなり「流転のテルマ」(マンガボックス連載)でデビュー。
チベットとトルコ石と腹筋が大好きです。

著者ブログ
Twitter