千円でべろべろに酔える店=通称「せんべろ」。
安くておいしくて泣けて笑える名店(迷店)をご紹介。
酒場ライターと漫画家による異色酒場ガイドエッセイ。







「いいせんべろ酒場」とは、安いだけじゃなく、しみじみ泣ける店主の半生が
あったり、しみじみ笑えるルールがあったり、そこに行くと小さなドラマに出会
える場所、人間模様や町の息づかいが凝縮された酒場、だと、ライターのさくら
いさんは語っています。
今回は10月15日に発売される『きょうも、せんべろ 千円で酔える酒場の旅』の
刊行を記念して、本書より選りすぐりの3店舗をご紹介します!





上板橋◆花門

全品400円デカ盛りを死守シマス


 来日29年のイラン人・マンスールは上板橋では結構な有名人だ。画家であ
り居酒屋店主でもある。「花門にカモン」が合い言葉で1分に1回ダジャレを
投下し、客を困惑させて喜んでいる。
 そんな彼が時折、生コン車のバイトをしていると噂が流れた。
「そうヨ。バイトの(店員の給料)ためバイトしてマンス」と、明るい。
 店は焼きそばにから揚げ、豚キムチまで全品400円で信じがたいデカ盛りが
売りだ。
 名物はカリフラワーにニンニク、セロリなど活力みなぎる漬物や、クミンや
コリアンダーなどスパイス香る肉野菜煮などのイラン料理。「値段一律、量は倍」
と決めたのは21年前。
「ある日、妊婦さんが旦那さんと来たの。彼女は800円のサイコロステーキを
食べたかった。でも高いから頼んだのは380円の焼きそば。栄養つけさせてあ
げたかったと思ったヨ。その夜全部380円(当時)に決めた。あとにおいとく
と気が変わっちゃうかもしれないから」
 数日後、妊婦が再訪。突然価格破壊したステーキに驚き注文。
「ボクのほうがうれしくてサイコロ5個のところ、つい10個入れちゃった。
もうかったから値下げしたって」とうそをついた。これが、量が倍になった始
まり。


店主のマンスール・コルドバッチェさん


アットホームな人情酒場

 濃ゆい緑茶ハイを飲みながら、わしは「愛と情け」について考えた。ふと「こ
んちは」とご近所さんが来た。「いらないお皿を下さい」と張り紙したところ町
民が日参するらしい。
 客人は次々来る。2人目は絵の生徒さんでお中元のお届け。3人目はおから
のおすそわけで4人目は豆腐と卵の物々交換。なんなんだここは、よろずやか!
「人生相談もアルヨ。自殺したいとかね。わかった。背中押すならいつでも押
すヨ、マンスを呼んで!」。このしゃく熱のスマイルに死ぬ気もうせるに違いな
い。情けは人のためならず、とか言う。しかし彼は己のためというより本能だ。
妊婦さんと会った日、自家用車もマイホームもおあずけにしたとマンス。「サイ
コロステーキの彼女のおなかにいた子はいま21歳。日本中の21歳は全員自分
の子みたい」。
 本能で生きる男に後悔なし。だからどうか心の叫びを聞いてくれ。
「皆さん、値段も量も変えず花門がつぶれない(もうかる)アイデア募集して
マンス!」


左:イラン風人気ロール 右:イラン風煮物


◎お店情報
店主のマンスール・コルドバッチェさんの人柄もあってアットホームな居酒屋だ。
イラン料理のほか、卵の数が1~9個まで自由に選べるベーコンエッグなど〝デカ盛り〟料理はいずれも400円。4人で食べても多いほど。残せばテイクアウトもできる。 カウンターに並んだ「赤霧島」「中々」などの本格焼酎は水割り400円、ロック500円。 料理がついて3000円からの飲み放題(なんと時間無制限だ)コースも人気。「花門」の日常やマンスールさんの活躍などはマンスさん公認ブログ「花門にカモン!」でチェック!

◎お品書き
・瓶ビール 500円
・生ビール 550円
・藤枝みどり(緑茶割り) 350円
・イラン風オムレツ 400円
・イラン風煮物 400円
・イラン風ケバブ 400円

花門

住所▼
東京都板橋区上板橋3‐6‐7
電話番号▼
03(3935)9222
営業時間▼
18時~25時6分(この6分には意味がある。店で聞いてください)
定休日▼
火曜






きょうは、どの店いこうかなあ。
安くておいしい、でもそれだけじゃない……王道から穴場まで、笑いと涙の酒場探訪。
新刊『きょうも、せんべろ 千円で酔える酒場の店』

さくらいよしえ(さくらい・よしえ)

1973年大阪府生まれ。日大芸術学部卒。著書に『にんげんラブラブ交叉点』(交通新聞社)、『東京★千円で酔える店』(メディアファクトリー)、『今夜も孤独じゃないグルメ』(交通新聞社)、『りばーさいどペヤングばばあ』(小学館)などがある。


河井克夫(かわい・かつお)

1969年愛知県生まれ。漫画家。著書に『日本の実話』(青林工藝社)、『猫と負け犬』(メディアファクトリー)、松尾スズキ氏との共著『お婆ちゃん! それ偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!』(実業之日本社)、『ニャ夢ウェイ』(ロッキング・オン)などがある。