• 1


幼い頃から父親に心理的虐待を受け、うつ病を抱える著者が
5歳の男の子を持つ母、ボンさんとお付き合いすることに。
6月12日の単行本発売前に、改めて作品をご紹介します!



そして父にならない 作品紹介
実の父親から心理的虐待を受けて育ち、
うつ病を患う男が、なんの因果か突然「父親」的存在に!!
『しんさいニート』のカトーコーキさんが描く
「家族愛」に向き合うエッセイ漫画。





『第1回』
「暮らしを一から作ってみたい」と、1人で長野に移住し山小屋作りにいそしんでいた著者。ひょんなことから5歳の男の子(もっち)を持つシングルマザーとお付き合いすることに…。「自分のような人間が家庭を持つべきではない」…そう思っていたが…。
お試し読みはこちら⇒CLICK!





『第2回』
もっちと初めて出会った日、とても可愛く愛しく感じてしまった著者。「ランドセルを買いに行く」という、めちゃくちゃ家族っぽい行事に参加することとなり…。
お試し読みはこちら⇒CLICK!





『第3回』
もっちをいきなり半日預かることになった著者。一緒に過ごすなか、もっちの才能に魅了され…。
お試し読みはこちら⇒CLICK!





『第4回』
実の父親に否定され続けていたこともあり、もっちのことはひたすら肯定的に接することを決めた著者。だけど、最近もっちのわがままが加速しているように感じて…。





『第5回』
もっちからの突然の無視。わけがわからないながらも「自分の存在」がもっちのためにならないのではないかと思いあぐね…。
お試し読みはこちら⇒CLICK!





『第6回』
神奈川県から、ボンさんの友達一家が来訪。もっちも久しぶりの親友との交流にウキウキ。そんな中、もっちが急に「兄弟が欲しい」と言い始め…。





『第7回』
感受性が強く、繊細なもっちの保育園不登園問題を抱えながら、著者の山小屋での近隣住民問題が勃発。これにより晴れて(?)ボンさん&もっち家族と一緒に住むことを決意。徐々に家族になっていく…。





『第8回』
本格化するもっちの不登園生活。このままでは良くないと新しい幼稚園へ入園することに。それでも繊細なもっちは、体調を崩すこともしばしば。著者はボンさんと共に家族一丸となって、もっちを支えようとするが…。





『君の未来トボクノ未来』 (描き下ろし:連載第8回の続き)
もっちの成長と共に、あらゆるイベントや問題を乗り越えながら「家族」の一員として暮らす著者。もっちとボンさんとの出会いから丸1年過ぎた。果たして、彼は「父」になるのか…?





『エピローグ』(描き下ろし)
もっちへの手紙。





WEBで発表済みのエピソードには加筆修正をし、描き下ろしも含む完全版!
担当は描き下ろしに不意に涙をこぼしてしまいました。カトーさん渾身の作品をぜひご堪能ください。
6月12日の発売をお楽しみに!!
(単行本の発売に伴い、4回分のみの公開とさせていただきます。何卒ご了承くださいませ)

そもそもカトーさんはどんな人?という方、こちらもどうぞ!
新刊の発売前に、『しんさいニート』発売時のインタビューを公開!

“しんさい”が、自分に向き合うチャンスをくれた



2021.06.03 更新


『しんさいニート』LINEスタンプ発売中!☆

ちょっぴり元気のない時でも気軽に使えるスタンプです!♪




『そして父にならない』、2021年6月12日発売決定!!
Amazon予約開始してます!


そして父にならない
著:カトーコーキ
発行:イースト・プレス
定価:(本体1111円+税)




ご感想をお待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください。


カトーコーキ

福島県南相馬市出身。
2011年3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故により故郷を捨て移住。
陶芸家を経てエッセイ漫画家となる。
一時は音楽活動から離れていたものの、自身の震災・原発事故、虐待、うつ、ニート体験を描くエッセイ漫画の執筆を始めると共に音楽活動を再開。
2016年4月より、福島県郡山市のコミュニティーFMココラジで放送開始となった、『エレクションズの今夜もギリギリチョップ』で、ラジオパーソナリティーとしても活動中。
Twitter : @shinsaineet
  • 1



『しんさいニート』(イースト・プレス)
それでも、生きていくために。
虐待、父の死、3.11の被災と故郷の喪失、強烈な自己否定、うつ病……。
悩んで悩んで悩みまくった男が辿りついたのは、“しんさい”をきっかけに溢れ出た、己の「膿み」を描くこと。

カトーコーキ(かとーこーき)

福島県南相馬市出身。
2011年3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故により故郷を捨て移住。
陶芸家を経てエッセイ漫画家となる。
一時は音楽活動から離れていたものの、自身の震災・原発事故、虐待、うつ、ニート体験を描くエッセイ漫画をの執筆を始めると共に音楽活動を再開。
2016年4月より、福島県郡山市のコミュニティーFMココラジで放送開始となった、『エレクションズの今夜もギリギリチョップ』で、ラジオパーソナリティーとしても活動中。
著者ホームページ:http://www.xn--n8j7af4vpjra75a.com/