“赤羽”最終巻刊行記念!
思い出したくない、けど笑える、完全実話の抱腹絶倒エッセイ
清野とおるの原点「バカ男子」厳選エピソードを公開します!






ヨーグルト教




中学三年生の、ある日の給食の時間、一つのヨーグルトが余った。



そのヨーグルトを手にした俺は、思った。



どうしてこんなことを思ってしまったのか、今となってはよくわからない。
若気の至り、もしくは精神に異常をきたしていたのかもしれない。

とにかく、ヨーグルトを祭りたい衝動に駆られてしまったのだ。

さっそく友だちに話を持ちかけてみた。

俺のくだらない提案に、彼らは迷うことなく賛同してくれた。

祭ることは決定したけど、一つ問題があった。
それは、ヨーグルトを祭る“場所”である。

いつでも気軽に参拝できて、なおかつ先生に見つかりにくい場所……
そんな都合の良い場所、学校内にあるだろうか?


考えた結果、男子トイレの清掃用具入れの中に祭ることにした。


そして俺たちは休み時間の度にトイレに入り浸って、絶対神となったヨーグルト様を無意味に崇拝したのだった。

ここに“ヨーグルト教”の誕生である。


やがて、信者が新たな信者を勧誘し、ヨーグルト教の勢力は他のクラスにまで拡大していった。

信者たちにとってヨーグルトは神様なので、給食で出ても決して食べてはいけない。
ある時など、給食のあとで、各クラスで大量のヨーグルトが余り、教師たちの間でちょっとした問題になったりもした。
それほど信者たちの信仰心は深かった。

俺は信者たちから「教祖」ともてはやされ、天狗になっていた。

そんなある日の休み時間。

いつものように、信者たちを引き連れ、ヨーグルト様を崇拝しに男子便所に向かった所、なにやら様子がおかしい。

便所の中ではなく、外に大勢の男子が集まっているのだ



……半沢先生にバレた。

しかし俺は、極めて冷静だった。
信者同士の絆は深いし、信仰心も深い。
誰もバラさないだろうと確信していたのである。

誰かが即、俺の名前をバラしやがった……。



キツイお灸をすえられた後、頭を一発グウで殴られた。

こうして、



ヨーグルト教は崩壊した。







『ウヒョッ!東京都北区赤羽 (6)』(清野とおる著/双葉社刊)
3年ぶりの最新刊にして、最終巻。
GLAYのHISASHIさんと赤羽で遊んだり、ペイティさんの本名が発覚したりします。




『まあどうせいつか死ぬし 〜清野とおる不条理ギャグ短編集〜』(清野とおる著/小学館刊)
初期の怪奇ギャグ漫画から作者自身、一体いつ描いたのか記憶にすらない謎の漫画まで、
それ以外にも単行本だけのオマケ記事充実しまくりの計336頁!

清野とおる(せいの・とおる)

1980年3月24日生まれ。1998年、ヤングマガジン増刊青BUTA掲載の『アニキの季節』でデビュー。赤羽の人々を描いた『東京都北区赤羽』(Bbmfマガジン)でブレイク。
代表作に『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』(双葉社)、『その「おこだわり」、俺にもくれよ』(講談社)、『ゴハンスキー』(扶桑社)などがある。現在は東京ウォーカーにて『東京怪奇酒』を連載中。
Twitter: @seeeeeeeeeeeeno