たまわりの月

恐ろしい歴史を持つ血筋に生まれた女子大生──煤(すす)。
旧八十月邸から、彼らは何を持ち帰ってしまったのか。
そして、彼ら自身のことも少しずつ明らかになっていき…。

第10話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.05.26 更新/月1連載

次回予告

次回更新は6月30日の予定です。
囚われているのは、ホテルか、煤たちか──。

 

感想フォーム

ご感想をお待ちしています。感想フォームからどしどしお送りください。

著者プロフィール

界賀邑里(さかい・かおり)

ホラー・怪奇幻想・ミステリーをテーマにした精緻なイラストを展覧会や小説挿絵などにて発表するイラストレーター。
Twitter : @kaori_lostbook

note : https://note.com/lostlost/

  • マンガ 募集
  • コミックエッセイの森
  •  

     


    【登場人物】

    たまわりの月
    琶田積 煤 (わだつみ すす)
    恐ろしい歴史を持つ血筋に生まれたがゆえに、幼少期から悪夢(と悪夢の女)に苛まれている。

     

    たまわりの月
    加辺諒平 (かなべ りょうへい)
    煤の元カレ。煤のことはまだ好きで、諦めきれていない。

     

    たまわりの月
    紺乃映菜 (こんの えいな)
    煤のルームメイトで友達。悪夢に苛まれ不安定な煤をいつも気にかけている。中條球太と付き合っている。

     

    たまわりの月
    中條球太 (ちゅうじょう きゅうた)
    映菜の彼氏。オカルトや都市伝説に詳しく、心霊動画チャンネルを持っており、時にそのせいで暴走することも。

     

    たまわりの月
    琶田積 淼骸 (わだつみ びょうがい)
    霊能者。煤の従兄弟。

     

  • 界賀邑里(さかい・かおり)

    ホラー・怪奇幻想・ミステリーをテーマにした精緻なイラストを展覧会や小説挿絵などにて発表するイラストレーター。
    Twitter:@kaori_lostbook
    note:https://note.com/lostlost/